Archive for 10月, 2006

ローカルシーン

木曜日, 10月 26th, 2006

1161869962_11.jpgローカルシーンとは何だろう?

BravoskiとFREESKIING MAGとウェブサイトとその他モロモロのプロジェクトにもまれながら、そんなことをふと考えた。
考えたというよりかは、頭の片隅に浮かんで消えた、というのが正しいのかも。

各地域のそれぞれの場所における、それぞれの楽しみ方のスタイル。実際の現場で生み出され、動いていく流行や移り変わり。
そんなところかな。
ふむぅ、自分はどのシーンにいるんだろう…。
世界や日本トップのシーンに行く機会に恵まれる反面、楽しくやっていたあの頃の気持ちや楽しさを忘れてないだろうか。

そんなあたりまで思考が進んだものの、連絡を取り続けている海外ライダーからのメール着信の音で我に返る。ついさっきまでぼんやりと頭にあった考えもカタカタとキーボードが生み出す音にかき消されてしまう。

今日、あるインディーズフィルムを見た。
札幌ローカル発 インディーズフィルムレーベルcubic S filmsが放つ最新作”Re: -Reply-”

札幌ローカルシーンの勢いと若いライダーの台頭、札幌ならではのアーバンライフとスノーライフの融合、なんだかんだ言って目を引くカワイらしい女の子の映像などなど。

これから頑張るぜーというヤングガンや、今のフリースキーシーンについていけない疲れたあなたにお薦めです。
北海道の、札幌の勢いを感じます。やる気が出ます。

What’sNEWにもありますがリリースを貰ったのでご紹介。
/news/#id631

>>>
cubic S films presents… A Daisuke 9rata Film
2006 ski movie feat.Sapporo “Re: -Reply-” 発売中

Reply to”How do you like skiinglife in Sapporo?”、返信(Reply)をコンセプトに作られたSki movie。
札幌ローカルのYoung gun達のスキル、そして札幌でのSkiinglifeを垣間見てもらいたい。
特に札幌各所でのナイト・セッションでの映像や、通称”リトル・ユタ”での映像は、その場の空気を感じてもらえるはず。

Starring Riders:佐々木慎吾、村瀬敏博、野田有人、秦俊介、菊池成、倉田大輔、富樫直哉、長浜洋介、谷村翼 他
Music:BustaBuddy,Bounty Hunta Mutineers,and BONNY
Directed and Edited by Daisuke 9rata
\2,000(税込 送料別)
>>>

FREESKIING MAGにはこの作品のみどころをライダーの視点でまとめた、限定ティーザーを収録します。

近日中にBravoski.comでも販売予定です。

詳細は彼らのオフィシャルサイトへ
Freeze -second season-  http://www.csf-sp.com

写真はジャケ写真

オフシーズンの大会

水曜日, 10月 25th, 2006

1161778024_11.jpg1161778024_21.jpg先週末にはYetiがオープンしたので、様子を見に行ってきました。
オープンの様子と施設の写真を撮って、オープン日にフリースキーヤーが4人。雪の細道を一緒に楽しく滑りました。

土曜日にはスノーヴァで大会があったんですよね。顔出そうと思って向かったら、もう終わって表彰式でした。
四国のアクロスでもイベントがあったんですよね。噂に聞きました。

どんどんシーズンに向かってますね。そう感じません?

来週末も神戸キングスで大会があるみたいです。写真がやまPから送られてきました。
情報もアップしてもらいました。
/news/#id629

今日、FREERUNからFreeStyle Skiマガジンが出てました。見ました。いい感じですよ。
俄然、気合が入りました。
テイストがガンかぶりしなそうで、一安心…。

同時多発的に

火曜日, 10月 24th, 2006

メーカーや業界関係者、アマチュア、プロ、メディア問わず、様々な動きがあるみたいですね、今年は。

今年は、ビッグバンの年になるような気がします。これが太陽系のような惑星系ができるのか、どうにもこうにもならないブラックホールになるのかは、誰もわかりませんが、今の勢いはなかなかのものだと思います。
サロモン1080が出てきた頃のような雰囲気を感じます。勘違いかな。

そんななか今まであまり知られる事のない西日本エリア(ほんとは中京ですが)から、アマチュアチームのイベントがあるという連絡を受けました。岐阜を拠点に活動する156スノーライドクルーからです。
ちょっと今はどうにもこうにもいけなくて申し訳ないのですが、WHAT’SNEWに上げてもらったので、お近くの方はぜひドロップしてください。
/news/#id627

最近、編集部のスケジュールがヤバいです。
余談ですが、タカ(水島敬之)が東京にきたついでに色々なことを手伝ってくれています。
彼も色々躍進の年にしたいそうで、頑張ってるみたいです。

そうそう、BS2がもうすぐ出ます。初のDVD付き。楽しんでいただけるとうれしいです。
では、編集作業に戻ります。季節の変わり目、体調を崩さぬよう!

プレミア上映イベント行きます

木曜日, 10月 19th, 2006

最近へたれております。
更新を止めたくないのにとまっております。
気持ちだけが先行して非常に恐縮なマツでございます。
やっぱりこの時期はかなり厳しいんです…。
言い訳なんてダセーと思っているんですが、やっぱり事実なんですね、毎度の事ながら。

さて、明日。もう今日か。
11/19にここにも何度か登場しているJackieの作品Revivalがプレミア上映されるみたいです。

単体ではなくSBのフィルムのイベントに招かれた感じですね。
そこにも作品が出てくるニール(ハートマン)と初めてまともに会って話しましたが、いい人やー。
今回のイベントでは市販の作品=2時間モノをなんと1時間にまとめたスペシャルバーションを流すそうです。イベントにこれないのが残念だと言ってました。

そしてそのすぐ後にJackieの作品が流れます。
みなさん、東京・代官山にどうぞお越しくださいませませ。

詳細はこちら!
http://2006.sfnight.net/
泰輔、ショウヤ、雄大、テツあたりのライダーも来ます。
実は、昼間はFREESKIING MAGの取材をしてます。

本日発売 FallLine

土曜日, 10月 7th, 2006

1160147956_11.jpg大人の滑り手に贈るスノーライフマガジン Fall Lineが本日発売になりました。

パークやジブは全く出てきませんが、雪遊びが大好きな人スちにぜひ見ていただきたい1冊になったと思います。
毎度のことながら一冊が出来上がるまでには、右に左に時に後に、そして少しずつ前に進みながらでき上がります。
見本が届いた瞬間と手元を離れて世に放たれた発売日が一番ドキドキします。

今回はどうでしょうか

/backnumber/falline06_1.html

Jackie starts one project

水曜日, 10月 4th, 2006

1159954985_11.jpgライダーと行動を共にしながらDVカムを回し、日本のみならず世界の最先端シーンに食い込んでいく関西人(男)。

それがJackie。

目的と目標の見つからない大学生活からドロップアウトして、スキーをしようとウィスラーに渡ったのがもう4年前か。
そこで映像撮影と編集に興味が湧き始め、持ち前の行動力でGlobal-X取材からWSSF、飛び&ジブ1カメラクルー、GEN-Xを初めとするDVDへの映像提供などを経て、今季はX-GAMESやUSOPENに潜入、CANADA CUP公式フィルマーを務め、ライダーに密着しての撮影生活を送る。今では、いくつかのメーカーのPV制作も務めるまでに。
ついに今季、彼が自身のレーベルとして映像作品【Revival】を出すことになった。まだまだ荒削りな彼の見せる世界はどんなものだろう。楽しみに作品を待つことにしたい。

レーベル名「mighty jamming」

その名前に込められた想いを彼はこう語る。

>>>
雪の上では皆同じ。みんな一緒に山で滑ろう。そこには最高に『楽しい』世界がある。

>mighty jammingとは…
  *mighty-「力強い、強固な :口語:やばい、すごい」
  *jamming-「jamする、セッション、即興で演奏をする」

 「強い意志をもった仲間と一緒に、すばらしいセッションをすることでみんなに影響を与え続けていこう」こんな意思を持ったライダーが集まって『mighty jamming』ができました。『mighty jamming』とはFreeskiの”FREE(自由)”をそれぞれに見出すのためのプロジェクト。

 活動内容は映像や写真を残すことだけでなく、それぞれが表現したいことをいかに表現するかがテーマです。音楽や、イベント、オフシーズンの活動すべて、ライフスタイルそのものをライダーたち自身が自由に自己表現することが、Freeskiにとって本当の『自由』の意味を見出すカギなのです。
>>>

Revival予告編
http://www.youtube.com/watch?v=SW5c0c5isBU

試写会もあるそうです。こちらのinfoをご覧下さい。
/news/#id624

最後に、彼は純日本人です。名前に惑わされる事なかれ。

イベントラッシュ2

水曜日, 10月 4th, 2006

1159949314_11.jpg1159949314_21.jpg1159949314_31.jpg1159949314_41.jpg昨日の試写会で会った1人に福島のり子ちゃんがいました。
彼女達と仲間達が今週末10/7に東京湾船上パーティ&スノーボードフィルムとのコネクトで試写会&クラブイベントを行うそうです。どうぞみなさんご参加を。

10/7 18:00〜 JR浜松町駅徒歩7分 日の出桟橋から、出航!
「繋がり」をテーマにスキー界からMCV・MASSH、そして数多くの楽曲提供アーティストと協力し、今までに無いスノーイベントとなります。MCV&MASSHの未公開ショートフィルムを上映。

同日 23:00〜 クラブ fai青山
レゲエ・HipHopのDJプレイ・ライブ、ハウスDJ、VJ、ムービー上映、五輪選手・タレント・プロライダー来場、オリジナルグッズ販売、サイン会などなど

詳細はコチラへ
/news/#id604

かく言う自分は、これに参加して途中から渋谷のアキバスポーツイベントにも行って、なんて画策しています。

写真左:イベントフライヤー
写真中2点:船上パーティイメージ。ドレスコードはないそうです。お気軽に。
写真右:icon5試写会に来ていた丸坊主で変な顔をする上野雄大。この日の朝にNZから帰ってきたそうです。
いやー、久しぶりだったなあ。

イベントラッシュ1

水曜日, 10月 4th, 2006

1159940194_11.jpg1159940194_21.jpg最近はスノー関連のイベントが街から始まっています。
シーズン前の盛り上げでしょうか。昨日もicon5の完成プレミアに行き、70分のパウダー紀行に酔いどれてきました。
ライダーもいっぱいいたなあ。NZ帰りの雄大や三星マナミちゃん、出演ライダーの児玉タケさん、佐々木大輔さん+多くのスノー関係者に会いました。

そんな中、今週末10/7にあるショップ発のイベントのお誘いを受けました。どんなイベントなの?という質問に丁寧にメールをくれました。フリースキー専門店改め、フリースタイルスノースポーツ専門店アキバスポーツ B1の清水君からです。

>>>
 イベントを企画するにあたって、まず今回のイベントではアキバスポーツ関連のお客様、メーカー関係、スタッフ知人からチケット代を取らないことにしました。
 イベント自体は土曜の夜の渋谷の人気CLUBということで、出演アーティスト次第ではかなりの一般客を見込めます。そういった背景を持ちながら、あえてエントランスフリーということで本格的なイベントをゲストとして入れるという優越感をお客様に感じていただきたいと考えています。

 お客様参加型イベントを意識するとウインター関係では大会・キャンプ・ツアー・試乗会が考えられますが、多くは熟練した技術が互いに求められます。完全なフリースキー専門プロショップを目指している店ではないので目的が見えなくなってくると考えました。CLUBイベントは基本的には入店すればそれですでに参加ということになり、気の知れた友人同士で来ていただければ、お酒を飲んで盛り上がれます。また、アキバスポーツのスタッフが参加しているので店員=顧客という枠を越えて楽しむ事ができるでしょう。音楽を聴くだけでもよし、ダンサーを見るのもよし、踊るもよし、飲んで騒ぐもよしのイベントがそこにはあります。

 なぜレゲエなのか?CLUBイベントなのか?

 今、音楽シーンでは横浜レゲエ祭というイベントが3万人の集客を誇るようにレゲエジャンルが加熱しています。この流れを受けたイベントを目指し企画しました。単純な身内だけのパーティーではなく、1つのイベントを作り、そこに常連のお客様を導き、肩の張らないラクに楽しめるスタイルがCLUBであると考えました。ぜひ多くの皆さんに遊びに来ていただきたいと思っています。
>>>
ということでした。インビテーションは、お店でもらえるみたいですよ。
http://blog.livedoor.jp/akibabone/

おそらく、マツも行くと思います。会場でお会いしましょう。

詳細はWhat’sNEWにアップされています。フライヤー画像もあわせてどうぞ。
/news/#id623

コロンビアプレゼントの商品写真

火曜日, 10月 3rd, 2006

1159849938_11.jpgコロンビアの方から貰いました。

What’sNEWにある情報に加えて参考にしてください。
/news/#id615

手にとって見たことはないので何ともいえないですが、非売品らしいのでコロンビア好き、レア物好きの方にはいいかも。
人が気付かなくても、レア物を持ってるんだぞという、隠れた自慢になることはうけあいです。