Archive for 1月, 2006

IDoneからアーティスト

水曜日, 1月 25th, 2006

2006_01251656_01.jpg
2006_01251656_02.jpg
2006_01251656_03.jpg
2006_01251656_04.jpg
これまた面白い試みです。IDoneがIDone musicというレーベルを昨年末より立ち上げ、アーティストを輩出しようと活動しています。しばらく前の池袋であったスノーフェア=ウィンターリゾートでライブをやってました。以下、IDoneより。
現役女子大生スキー部キャプテンの高垣乃理子を歌手デビューさせるべく現在応援しております。
http://www.idonemusic.com/
スキーヤーの為の歌、スキーヤから歌手へというのもあって良いのではないかと思い応援しています。
「粉雪」・「傍にいて」の2曲 高垣が自身による作詞作曲、BOA・シュガーの曲を作曲した韓国のユンさんに編曲して頂き、レコーディングしました。上記弊社のHPから聞けますので一度聞いてください。
ID one のプロモーションビデオにも起用しました。
<プロフィール>
名  前:高垣乃理子
生年月日:1983年6月21日東京生まれ
学  歴:大妻女子大学家政学部食物学科在学中
趣  味:ドライブ・睡眠・食べること
特  技:スキー・運転
中学生の頃より作詞・作曲を始める。
中学の合唱コンクールや、高校の文化祭などでオリジナル曲を披露し始める。
高校3年の時に、友人と組んだア・カペラグループで高校生新聞社賞を受賞。
長野五輪に影響を受けスキーを始める。
高校3年でSIAセミゴールド、大学一年でSAJ1級を取得。
大学入学と共にスキー部に所属し、冬は長野県の栂池スキー場や白馬岩岳スキー場でインストラクターとして働く。大学1年の時に出場した全国学生岩岳スキー大会・基礎の部・新人戦にて8位入賞を果たす。大学3年から現在もスキー部の主将を務めている。元SAJデモの望月弘文氏にコーチとして出会う。彼の紹介で、2005年2月に長野県・白馬八方尾根スキー場にて行われた火祭りに出演し、DREAMS COME TRUEやゴスペラーズなど、4曲をカバーして歌う。
また、望月氏がID oneのテクニカルディレクターに就任したことをきっかけに、日韓合同作ID oneプロモーションDVDのイメージソング 『粉雪』『傍にいて』を発表。編曲者はBoAやSugerなどの編曲も手がけるYun Chi Woong氏。韓国にてレコーディング。
今回のイメージソングが高垣乃理子としてのデビュー作となる。ID one Music.comより楽曲発売中。
写真上:ウィンターリゾート入り口より
写真中上:川場スキー場が大幅にイメージチェンジ。モーターショーさながらのコンパニオンガールが立ってました。おかげで大盛況
写真中下:IDoneアーティスト高垣ノリコライブ会場
写真下:同、熱唱中。

ウィスラー便り 第2章 by Simond

火曜日, 1月 24th, 2006

2006_01241556_01.jpg
2006_01241556_02.jpg
2006_01241556_03.jpg
2006_01241556_04.jpg
澁谷simond君から、ウィスラー便りが届きました。なんだか、いろいろやってますねー。どうぞ、ご覧下さい。
こんにちは。Jocksライダー Simondです。前回、「次回は”How to WhistlerBC”」と書きましたが…、先日撮影を兼ねてWhistler Bowlという岩肌がモロに出ている斜面(崖かな?)をジャーンプ!
そこからセス・モリソン並みのターンを刻むはずが、ランディングポイントの雪が予想以上に重く、脚をとられてゴロゴロゴロ。約6回転半。膝を痛めてしまいました(泣)ということで、Whistler Backcountryについてはまた次回でお願いします。
さて、気を取り直して今回のお題は、CSIAスキー教師と女性だけのジブコンテストQueen of the Railについて
まずは今月初旬に受験したCSIAスキー教師資格について。
日本でいうと基礎スキー教師かな。資格はレベル1からレベル4まであって、スキー技術以外にも指導法や山岳知識など雪山に関する様々なことについて受講し、試験を行います。
今回はレベル1。対象は初心者から中級者ぐらいかな。
ストレートラン、Wedge Turn(ウェッジターン=プルークボーゲン)Basic Parallelの3つ。実技と指導があって、実技はとにかく滑る。指導はもちろんすべて英語なので四苦八苦。いや〜辛かった。結果はなんとか合格。
ちなみにウィスラーのスキー教師の中には、冬のイントラ稼ぎだけで夏は遊んで暮らせる人も何人かいるらしい。羨ましい…。
次はレベル2とPark&Pipe。Park&Pipeは日本にはないフリースタイル向け教師の資格。また頑張ります。
さて、お次はQueen of the Rail。Whistlerではいつも様々なイベントがあって、最大規模は皆も知っているWSSF。
今回は、Show Case Pro Shopがメインスポンサーの女性限定ジブコンテスト。スキーヤーとボーダーが総勢50名。
かなりハイレベルなコンテスト。ジブはストレートレールとフラットダウンレール。
レベルが高い。スイッチエントリーはあたりまえ。270inや特大ディザスターなんかも!
今回のRail Queenはケベック州出身スキーヤーのMaude(モーデ)ちゃん、18歳。
ノースポンサーが不思議なくらい凄い技を繰り出してたよ。
好みの男性は、背が高くて、ブロンドヘアー、グリーンアイだって。我こそは!という日本男児諸君。WhistlerParkで彼女が待ってるよ〜。
写真上:ティーチング
写真中上:スキーイング
写真中下:Moudeジビング
写真下:Moudeスマイリング
【Profile】
澁谷 洋猛(Hirotake Shibuya) JocksProRider 通称:Simond
昨季までEU-CUP、全日本選手権を中心に社会人スキーヤーとして活躍。2005-2006シーズン フリースタイルポイントランキング 12位。今季はCanada・WhistlerのCSBAに留学及び、FreeStyleSkiBlackcombTeamCoachとして活動。カナダCSIAスキー教師資格、ISIAパーク&パイプ資格取得を目指し勉強中。
ブログサイト:http://www.simond009.com/
スポンサー:JOCKS、CSBA、VOLKL、MARKER、TECNICA、RIPCURL、+SPY、MOUNT、春日部健康堂薬局、ブログカスタマイズ

酒楽プレゼンツFREERIDE SKI AIR CAMPinさのさかレポ

月曜日, 1月 23rd, 2006

2006_01231906_01.jpg
2006_01231906_02.jpg
2006_01231906_03.jpg
2006_01231906_04.jpg
白馬のビールの王様、いや、白馬のフリースキーヤーキセッチこと喜瀬圭太さんからメールが来たので、ご報告。
彼は、本当に丁寧な人なんです。ほんとに。ビックリするよ。
※若干、文章は割愛/編集してあります。
>>
先日酒楽(shuraku)で開催させていただいたFREERIDE SKI AIR CAMP in 白馬さのさかが無事に終了いたしましたので報告させていただきます。
キャンプレポート
第1回目(2006/1/14〜15)
事前の予約が予想以上に多かったので当初予定していたコーチ=喜瀬圭太、立花透に加えてID oneライダーの石川寛文プロにもコーチとして参加して頂きました。
初日14名、2日目17名と多くの方に参加して頂きました。
初日は雨と言う悪天候にも関わらず皆さん元気に飛んでくれました。2日目は前日の天候が嘘のように快晴でいいテンションでキャンプが開催できたと思います。
初級者向けとして開催したため、あまり飛んだ事ない方にも参加いただき、飛び、そしてスキーでの遊びの広さを知っていただけたのではないかと思います。また中には何度かキャンプに経験された方にも参加いただき、お客様同士でも見せ見せられといういい刺激がありました。
第2回目(2006/1/21〜22)
上級者向けとして開催しました。初日5名、2日目7名と前回に比べると少数ではありますがレベルの高いキャンプが開催できました。大会に出たいと考えている方にも参加していただき、コーチの喜瀬圭太、立花透にとっても刺激のあるキャンプとなりました。今回は2日間を通していい天気に恵まれました。コースは非常に硬かったのですが、逆に「転んだら痛い」という緊張感から集中してキャンプが行えました。また2日間開催のため、合間には第1回同様飛びだけではないスキーの遊びも広められたと思います。
総合の感想
2回のキャンプを通してお客様と触れ合い、感じたのは、「飛んでみたいけど、どうしたらいいのか分からない。飛んではいるけどなかなか上達しない」などの悩みを抱えている方が多くいることでした。今後そしてまた来シーズンにも引き続きキャンプを開催していきたいです。2回の開催で参加者、コーチ共々笑顔の絶えない楽しいキャンプができたと思います。
最後に、コーチとして参加していただいた立花透プロ、石川寛文プロ、またカメラを回してくれた池田奈未さん(フルマークス)、アイテムを整備してくれた白馬さのさかスキー場ディガーの皆さん、多大なる協力をいただいた(株)白馬さのさかの皆様、開催に際し、告知にご協力いただいたメディア各社様、そして何よりご参加いただいた参加者の皆様、本当にありがとうございました。
>>>
でしょ?
キャンプでのコーチングもそうらしいですが、ほんとに丁寧な人です。
引き続き、頑張れ!キセッチ&キャンパー達!

昨日終わったUSオープン

月曜日, 1月 23rd, 2006

タヤから海外取材&打ち合わせの経過報告のメールが来ました。その中でひとつUSオープンの話が出たのでちょっと紹介。
>>>
今日USオープン終わりました。最後のBAではなんとスイッチ1440!
TJのための大会という感じで閉幕しました。
いや〜、世界ビックリ大賞になってきた感もあるけど…すごい。
>>>
以上です。ほんとに短いです。あまり期待しないで、気長に、長いレポートを待つことにします。詳細はここでもチェックできます。一昨日のスロープのリザルトです。
http://www.newschoolers.com/ns3/web/content/news.php?news_id=1042&
オフィシャルサイトのリザルト↓
http://www.usfreeskiingopen.com/usfree/2006/results.html

ニュースクールな街、札幌より小ネタ

金曜日, 1月 20th, 2006

2006_01201744.jpg誰が言ったか、ニュースクールな街、札幌。ストリートとスノーカルチャーが限りなく近いこの街にあるSOS札幌店店長の三上大紀君から限りなく街に近いそれでいてスキーとも繋がっている小ネタが届きました。
>>>
エイシャービデオなんかでおなじみのアーティストNORTH COAST BAD BOYZのミニアルバムが先日発売されました。かなり良い出来でインディー作とは思えない感じに仕上がっています。ダーティノースリアルヒップホップを体感してみて!
http://www.northcoastbadboyz.com/
でも新作のリリースパーティが1/21でテイネのジブイベントとかぶって困ってます。
さらに小ネタです。SOS札幌のチームメイトで、テイネハウス(手稲にある自分が運営してるバムハウス)在住の佐々木優(スグル)君もPV制作でカメラマンをやっています。スグルのウェブサイトでも、ノース・コースト・バッド・ボーイズのPVがみれるので、チェックしてみてください。
http://www.1production.net/
実は、こいつはアルペンスノーボードで世界ジュニア2位になった事もある実力者なのです。
>>>
だそうです。ちなみにLife Style Video MagagineのボーナストラックにNORTH COAST BAD BOYZのPVが入ってるので、見た事ある人も多いはず。時間が合えばリリースパーティに行ってみてはどうでしょう?
写真は、NCBBのウェブサイトトップページ。凝ったデザインのサイトです。

SIVER CAMP ‘06

金曜日, 1月 20th, 2006

2006_01201345.jpgアルコイリスa.k.a.サイバーカーテルのディストリビューターの村上さんより、サイバーキャンプのリポート写真が届いたので、アップします。
1月7・8日でSIVER CAMP ‘06をしてきました。場所は47です。
福袋ならぬ、TAKE OUT BOXをやってみましたが、約30人キャンプ参加で24箱売れました。結構盛り上がりました。
福箱ですか。面白い試みですね。

USオープンの現状はこんな感じ

金曜日, 1月 20th, 2006

コチラをご覧下さい。newschoolers.comより。
http://www.newschoolers.com/ns3/web/content/news.php?news_id=1036&
アイテムセッティングは、去年と似た感じだそうで、3つのキッカーの間にレールセクション。
公トレでの様子は、
ピーターオレニックが、Cork9 true tail to switch left10 to switch right10
サミーカールソンが、switch7 or 10 to switch10 to a switch12
だったそうです。すげーな。
http://www.newschoolers.com/ns3/web/content/news.php?news_id=1041&
↑これが予選の様子。

ワールドカップ ハーフパイプにでている、ゆうたより

火曜日, 1月 17th, 2006

メールが届きました。
4位入賞!うれしいっす。
詳しくは後ほど報告します。
とのことです。おめでとう!
詳細を待ちましょう。

巡業快調

火曜日, 1月 17th, 2006

あいにくの荒天で富士山行きは断念したものの、先週の土曜から続く旅は順調です。
土曜日の夜に苗場着、翌日は、パーク周辺を中心にゲレンデを見てきました。
リアル苗場のレポートでもアップされていますが、いい感じにレイアウトされていました。スタッフに話を聞くとさらにパワーアップはさせる予定とのことでしたが、今でもジブアイテム、キッカーともにいいサイズです。
/naeba/news/index.cgi
昨日の苗場スキー場はいい天気で、ファーストトラックを体験してきました。
新雪ではなかったため、グルームの滑走。どんよりとしたガスをゴンドラで抜け、上は雲海の広がる海外のような光景でした。
そこからハイスピードでのダウンヒル。なかなか普段ではできないランで、結構面白いです。エッジがシャキシャキしたキレる板の方がいいですね。想像以上にスピードが出ているので、十分にストレッチしてから滑った方が良さそうです。
で、月曜に雪崩で通行止めになった道路を迂回しながら、途中、六日町にあるクレブスポーツに立ち寄り、野沢を横目に見ながら、移動。
今は、志賀高原プリンスホテルのロビーでフリースポットを使用してアクセスしています。現在、軽い粉雪。積雪6〜7cmでしょうか。もうすぐでゲレンデにでます。

明日から水曜まで

金曜日, 1月 13th, 2006

2006_0113220104.jpg富士山→苗場→湯沢エリア→志賀→神立→東京というルーティーンで旅に出ます。
打合せと挨拶ツアーと来季モデルの試乗会です。
道中でお会いした方、写真撮ったら掲載させてください。タイミングがあえば、一緒に滑りましょう。
BBSでもありましたが、カナダカップ提携大会は、えーと、PROVE事務局情報によると、今のところspyder air battleとGravity大会、札幌テイネの大会、白馬サノサカ、ダイナランド修行祭、水上奥利根の大会と聞いてます。過去のリザルトからのシードもあるという話です。
写真は正月の鷲ヶ岳スキー場。想像以上に賑わっていました。