2008/5/7 水曜日

5/3,4Style JAM@かぐら■炊ける

img_3298.jpg

肌に照りつける太陽はすでに夏!!
行って来ました。今シーズンの最後を締めくくる大会、かぐら「スタイルジャム」。

5/3はモーグル、5/4がビッグエアの二日間に渡って開催された大会は両日とも超快晴でギャラリー多数。Tシャツ姿でゲレンデに立っていた僕は露出している肌という肌をコンガリと焼いてしまいました。

まずは5/3。モーグル。
小学生以下、オープン、チャレンジなど各カテゴリーに分かれたクラスの中でトビコムとして注目したのは「レジェンド」部門。これは40歳以上のカテゴリー。ぶっちゃけて言ってみれば「おっさん」部門なんですが、カタカナで言うとなんだか格好良く感じませんか…?
おっさ…、いやレジェンド達は若い選手達に負けない滑走で、会場を盛り上げていました。
img_2949.jpg
↑レジェンドクラスにエントリーしていた長野の某ショップ店長もコブにフルアタック!!
img_2932.jpg
↑小学生以下でも技は大人並み
img_3014.jpg
↑これだけきれいに決まると、相当気持ちいいでしょうね

img_3032.jpg
↑ギャラリーの視線を集める大技
男子のオープンクラスでは7op(コーク7)も出るなどレベルの高い大会でした。優勝したのはシャア大佐と某アニメのキャラクター名を冠した選手。ウエアは真っ赤ではありませんでした…が、きれいな360と安定したターンで優勝賞品の液晶テレビをゲットしていました。

r0013943.jpg
↑液晶TVを手にしてニンマリするシャア大佐
大会の賞品が豪華なのも、この大会の魅力ですねー。
大会のリザルトはコチラから。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

続いて5/4はビッグエア。
前日に引き続きポカポカ陽気。ギャラリーも多く盛り上がったビッグエア。今大会からスキー&スノーボード合同で行われ、タテノリ&ヨコノリが交ざったエアセッションになりました。

img_3201.jpg
↑画面右に写るのは並木京介ことなみきょん。日焼けがやはり気になる!? 半袖姿の人も多いですね

スノーボードオープンにはX−trail JAMで観客を沸かせたKJこと岡本圭司や高回転トリックで名を馳せる山口慎太郎。スキーオープンクラスには津田健太郎や市橋秀一、楠泰輔など錚々たるメンツ。とくにスキーオープンクラス優勝者には来年のカナダカップ出場権がかかっているだけに、かなり真剣な闘いに。
img_3377.jpg

↑いつ見ても、不思議な軸で回る楠泰輔のスイッチ900ノーズグラブ

優勝したのは地元・湯沢の高橋ナオヤ、17歳。来年のカナダカップ出場権を獲ったライダーは地元湯沢の若手ライダーでした。高さのあるレギュラー1080をビタリと決めて優勝と出場権をかっさらっていきました。2位は兼高“ポークヴィッツ”典生。両スキーをポークした状態でのノーズグラブやイングリッシュマフィン、3グラブなど様々なグラブを入れたスイッチ720、900を披露していました。シーズンの最後を存分に楽しんでいた感じですね。3位は本間勝美。スイッチの720テールグラブや超特大の180をメイク。この日最長不倒の180はジャッジから最も印象を残したとして特別賞ももらっていました。
img_3318.jpgimg_3446.jpg
↑兼高”ポークピッツ”典生2連発。グラブが渋いです

r0013970.jpg

↑スイッチ720テールグラブをキメる本間勝美。高さもありましたね。

リザルトはコチラです。

大会終了後にはスタイルジャム恒例のじゃんけん大会。福ちゃん(福岡正成)プレゼンツによるNZスノーパークのシーズンパス争奪戦には会場がかなり沸き上がりました。会場にいる誰もが欲しがるパスをゲットしたのは“出した手を見ない作戦”を繰り出した遠山金ちゃん(巧)。

img_3679.jpg
↑コレが噂の出した手を見ない作戦。これで今季じゃんけん大会を3,4勝しているとか。

喜び浮かれているであろう金ちゃんに声をかけてみると「夏の最盛期にWJが休めるかな〜」と少しうかない顔。そこにツダケン(津田健太郎)が登場し「行くべし」との声。どうやらツダケンはフラットメイトを探しているという事情がありつつも、「外国人と毎日一緒に滑れば絶対に上手くなるよ」と金ちゃんにアドバイス。金ちゃんもNZ行きを本気で考え出していたようです。

r0013990.jpg
↑金ちゃん(遠山巧)、このチャンスを生かして行くしかないでしょ。
日本の雪シーズンが終わったと思ったら次は南半球がスノーシーズンイン。トップライダー達はオフシーズンも雪上ですね。
これで、Bravoski、FREESKIING、FALLLINEの国内雪上取材はほぼ終了しました。
国外ではタヤがまだマンモスで取材中ですのでシーズンは続いているんですけどね。
取材先でお世話になったみなさま、今シーズンもホントにありがとうございました。

※ おまけ
バイクに乗ってスキー場に来ていたスキーヤーを激写しちゃいました。

r0014007.jpg