2008/5/12 月曜日

エゴからエコへ@Love Snow Eco 47■炊ける

スキーシーズン終了…ですかね?
僕の知り合いは「富士山だ、立山だ!!」とまだまだスノーシーズンが続いているようですが、ほとんどのスキー場はこのGWでクローズした模様。そこで、雪が溶けると出てくるモノといえば山菜とゴミ!!

スキー場に落ちているゴミを拾うエコイベントは各地で行われています。そこで、今回はGWにHakuba47で行われたイベントのレポートが47ローカルのまっつん(松川理)から届きましたのでひとつ紹介したいと思います。

以下からどうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5/5、長野県白馬村のHakuba47にてエコイベント「Love Snow Eco 47」が開催されました。Hakuba47スノーボードスクール主催で各社協力協賛を頂き開催されたこのイベント、今年で二回目。当日は曇り空でパッとしない天気だったにもかかわらず沢山の方に参加にていただきました。

イベント受付ブースの隣りでは無料のお箸工房が常設され、同スキー場から出た間伐材でマイ箸を作ってもらう企画を開催。お箸のみならずペン立てやジャグリングアイテムなど制作しデモンストレーション。

sn380351.jpg
一日を通して家族連れやカップル・グループなどみなさんに箸を作ってもらいました。なかにはグリップに彫刻とも思えるような細かな細工をする方も…。
本来なら捨ててしまう材料を有効活用しエコに対しての意識を持ってもらえたのではないでしょうか?

sn380354.jpg

そして、午後からは今回のメイン企画「クリーン大作戦」が行われました。ルールは簡単。スキー場内に落ちているゴミを拾ってくるというもの。
受付してもらった方にゴミ袋・トング・軍手を貸し出しし約一時間散歩がてらゴミを拾ってもらいました。
総勢70名もの参加者が一斉にゴミを拾うと…出てくる出てくる! 30分もしないうちに袋をいっぱいにしてくる方、有り得ないような大物を引きずって帰ってくる人。ストックやスノーボード以外にも鍋やブルーシート、スキーキャリアなども集まりました。

sn380352.jpg
驚きましたね。
捨てられていた物自体もビックリしましたが、何よりそれを捨てていった人がいるという現実に…。

こうしてみなさんは集めたゴミと引き換えに抽選券を手に入れ「クリーン大作戦」終了と共に開催された大抽選会に参加。
スノーボードやゴーグル、Tシャツやバンダナ、来シーズンリフト一日券、エコバックやタオルなど協賛各社から提供の品々をゲット! 喜んでいただけました。

dscn2974.jpg

その後、イベント参加者とスタッフでBBQを楽しんだのですが、このBBQにありつくには無料の箸工房でマイ箸を作りその箸を使わなければいけないという素敵な条件付き。思い想いに作ったマイ箸で食べるBBQは格別だったのではないでしょうか。

エコイベント「Love Snow Eco 47」。地球温暖化が叫ばれる今日この頃、個人の出来ることはささやかでちっぽけかもしれませんが、一人ひとりが少しでもエコロジーに興味をもってもらい身近なことから始めればそれだけでも変わるのではないか? 変わっていって欲しいと願いを込めました。
私達の大好きなスキー・スノーボードは雪が降ってこそのスポーツですし、この素晴らしい自然をいつまでも守っていきたい。
そんな気持ちを持ち続けてまた来年以降も開催していきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−声高に「エコ、エコ」と叫ぶ気はさらさらありませんが、僕らスキーヤーは雪が降ってナンボの生き物だけに、「滑りたいというエゴを満足させるためのエコ」というスタンスはどうですか?
そういう意味でも自分たちが遊んでいるフィールドに関係するイベントだったら参加しやすいですよね。
今後、トビコムでもスキーや雪山に関するこういったイベントは随時紹介していきたいと思います。
レポートを送ってくれたまっつん、ありがとうございます。

炊ける