2008/5/5 月曜日

マンモス到着!みんなめちゃうま! ■タヤ

ウエストコーストセッションが終了し、僕たちはMammoth Mt.(マンモスマウンテン)というスキー場に移動してきました。

ウエストコーストセッションは、サミーと一緒に滑った後、残り2日間は特設パークでのセッションが行われました。
4bi9(フォーバイナイン)や、DOSフィルム、Joystickクルー、Ampridチームなどなど、とにかく勢いのあるこちらのライダーとのセッションは刺激満載でした。
詳細は今夏のBravoskiもしくはFREESKIINGで掲載予定です。
[下写真:Mt. Hood最終日のJクルー(Japanクルー)。右から雄貴、モーリス、しんじ、タヤ、キヨ、けんちゃん、ジャッキー]
img_9653_resize2.jpg

[下写真:Mt. Hood最後の夜はハンバーガーパーティ!?]
ca391077_resize1.jpg

セッション終了の次の日は、Mt.Hood Meadowで今夏リリースの「飛び&ジブ」用の撮影をしました。
次の「飛び&ジブ」は、ハウツーはもちろん、また新たな企画を考えてます。お楽しみに!

[下写真:Mt. Hoodの滞在でお世話になったWindells Camp(ウインデルズキャンプ)の社長、ティム・ウインデルズさん。インタビューさせてもらいました。]
hs4q0442_resize1.jpg

[下写真:Mt.Hood最終日、友達になったローカルスキーヤーたちが遊びにきてくれました。みんな16歳。勢いありまくりで、日本のことや先日のWSSFのことなど、質問されまくり! FREESKIINGマガジンを食い入るように見てくれました(笑)。みんなとにかくハングリーでプロスキーヤー志望。北米のアップカマーキッズがどんどん登場する理由を感じました]
hs4q0430_resize1.jpg

さてさて、Mt. Hoodを後にして、次は今回の北米トリップ第3章です。
(ちなみに、第1章はウィスラーでのWSSF、第2章がMt. Hoodでのウエストコーストセッション)

メンバーは、僕とジャッキー(ビデオカメラ)、雄貴(池田雄貴)、モーリス(助っ人)、キム(韓国人フリースキーヤー:マンモスまでの移動のみ共にすることに)
ポートランドという町でキャンピングカーを借りて、カリフォルニア州のマンモスマウンテンまで来ました。
その距離なんと1900キロ!
[下写真:キャンピングカー移動初日の夜。何にもない道端に車を泊めて就寝。あたりには道と星しかなかった]
hs4q0457_resize1.jpg

僕とジャッキーで交代で運転し続けて、まる2日間。
途中、雪で道が封鎖されてたり、熊や鹿をひきそうになったり、星が綺麗すぎて頭が変になりそうだったり…。(←これは夜道担当のジャッキーと、今回アシストで来てくれてるモーリスが経験。山道で真っ暗な尾根を登っているときはまるで銀河鉄道999だったらしい…。そのまま星空の中に飛んでいきそうだったとか…。)

[下写真:移動中]
ca391083_resize1.jpg

[下写真:途中、ボートを引っ張ってる車を発見]
ca391089_resize1.jpg

[下写真:空が広い。オレゴン州からカリフォルニア州へ]
ca391093_resize1.jpg

[下写真:カリフォルニアに入った! In N outというハンバーガー屋へ。メニューの数は少ないけど、ここのハンバーガー&ポテト&シェイクはアメリカ一うまい!]
ca391097_resize1.jpg
ca391099_resize1.jpg
ca391100_resize1.jpg

[下写真:キャンピングカーでは寝袋が必須。持ってきてなかったジャッキーと雄貴の寝袋をTargetで購入。日本でいうイオンみたいな大型ショッピングモール。ちなみにサイモン・デュモンのスポンサーの一つ。アメリカのスキー業界はスポンサーがでかい!]
ca391102_resize1.jpg

[下写真:また走る]
ca391105_resize1.jpg

[下写真:まだまだ走る]
ca391106_resize1.jpg
[下写真:まだ走る。湖が見えた]
ca391112_resize1.jpg
[下写真:運転中の僕。途中ラジオにも飽きてみんな独自の音楽を聴きながら移動。。。]
ca391113_resize1.jpg

[下写真:やっと雪山が見えてきた!]
ca391116_resize1.jpg

[下写真:移動中。車の中は結構広い]
hs4q0445_resize1.jpg

[下写真:途中、雪で道が通行止め。。。3時間分くらいを逆戻り。。。]
hs4q0472_resize1.jpg

[下写真:通行止めルートを迂回して峠道へ]
hs4q0487_resize1.jpg

[下写真:以下は車中での食事シリーズ。パスタ。シェフはジャッキー]
hs4q0532_resize1.jpg
hs4q0514_resize1.jpg
hs4q0518_resize1.jpg

[下写真:お好み焼き。シェフはまたしてもジャッキー。めちゃくちゃおいしかった!]
hs4q0432_resize1.jpg
hs4q0431_resize1.jpg
hs4q0434_resize1.jpg
hs4q0436_resize1.jpg

[下写真:たまにはみんなで掃除]
hs4q0537_resize1.jpg

と、こう書けば聞こえは良いですが、もちろん風呂にも入れず、食事とトイレ休憩以外はずっと移動。地図がなかなか手に入らず、道に迷いながらのなかなか過酷な1900キロでしたが、その過酷さを味わうためのキャンピングカーの選択だったので、良しとしましょう。

そして、マンモスに到着すると、いきなり町中の電話とネットが断線していました…。
今年は何回か断線していて、つながるまで2日間ぐらいかかることもよくあるとか。
隣の隣の町(120キロぐらい南)で、風で電話線が切れたということでした。
マンモスは田舎町なのです。
最寄りの空港(ロサンゼルス)から7時間も離れてる、砂漠地帯のスキー場です。

ゲレンデはというと、とにかくうまいスキーヤーだらけ!
この時期は営業の終わったスキー場のローカルたちがマンモスにやってくるらしく、とにかく毎日がセッション。
みんなテンションも高い、高い。

[下写真:マンモスのパーク]
ca391120_resize1.jpg

[下写真:パイプもグッド!]
ca391121_resize1.jpg

[下写真:キッカー!]
ca391126_resize1.jpg

僕たちは、午前中は「飛び&ジブ」のハウツー部分の撮影。午後、雪がゆるんできて人が集まったころからメインパークでゴリゴリのセッションという感じです。

食事は車で作って、ネットはインターネットカフェ、シャワーはタイミングしだいで、、、という生活です。
滞在と移動を兼ねて旅費を抑えようということで思いついたキャンピングカー。なかなか不自由も多いですが、自由も多い(どこでも寝られる!?)キャンピングカートリップという新しい旅スタイルを開拓したいと思います!

■タヤ