2008/2/21 木曜日

日本オープンいよいよ開幕! ■タヤ

日本オープンが明日21日から、上越国際でいよいよ開幕!
日程は以下
21日:スロープスタイル予選
22日:スロープスタイル決勝
23日:スーパーパイプ予選、ビッグエア
24日:スーパーパイプ決勝

その他、オフィシャル情報は以下からどうぞ
http://nfo.jp/

今日はスロープスタイルの公式トレーニングがあり、私タヤも滑ってきました。
明日の予選は最終のDグループで出場します!

ちなみにコースは、
1:ダウンナローボックス
2:ステップダウンキッカー
3:ステップアップキッカー
4:ロングナローボックス or フラットダウンレール

です。
3つ目のキッカーは、17mぐらいあったんじゃないかな。
日本ではなかなかお目にかかれないキッカーです。
今日のトレーニングでもダブルフリップや、1080もバシバシ繰り出されてました。
明日、明後日はもっとエキサイティングなことが起こるかも!?

それではまた

■タヤ

2008/2/16 土曜日

W杯モーグル@リステルスキーファンタジア リザルト■炊ける

photo/wataru sugimuraki2p8131.jpg上村愛子hs4q0646.jpg

上村愛子優勝!!
上野修2位!!

本日はリステルスキーファンタジアでモーグルが行われましたが、なんと男女同時に表彰台へと上がりました。とても嬉しい結果となりました。

上村選手は世界的にも難しいコースとして有名なリステルを積極的なターンでラップを奪いさらにはミスもなく完走。1エアは360、2エアはバックフリップをきれいにまとめていました。自身通算3勝目、国内では初のW杯優勝でした。
また、上野選手は今季初の表彰台。ターン勝負のコースでは力を発揮する彼は、ミドルセクションでリズムに乗ったターンを披露。ターン点とスピード点でポイントを稼ぎ2位に食い込みました。

日本人選手は附田雄剛、益川雄、伊藤みき、伊藤あずさの4選手も決勝に進出し、猪苗代大会は日本人選手が活躍する大会となりました。取り急ぎ報告です。
>男子上位リザルト
1位 デール・ベッグスミス(AUS)
2位 上野修(JPN)
3位 デビッド・バビック(USA)
4位 ギルバート・コラス(FRA)
5位 ネイト・ロバーツ(USA)
6位 益川雄(JPN)
>>女子上位リザルト
1位 上村愛子(JPN)
2位 ニコラ・スドバ(CZE)
3位 エミコ・トリト(USA)
4位 マルガリータ・マーブラー(AUT)
5位 ジリアン・フォグリ(USA)
6位 伊藤みき(JPN)

男子リザル↓
http://www.inawashiro2009.jp/fis2008/results/wp-content/uploads/2008/02/2008fs8110frl.pdf
女子リザルト↓
http://www.inawashiro2009.jp/fis2008/results/wp-content/uploads/2008/02/2008fs8107frl.pdf

Xゲームス、スロープスタイル放送! ■タヤ

x0216.jpg

本日16日、20時から「J SPORTS ESPN」でXゲームスのスロープスタイルが放送される。
http://www.jsports.co.jp/
Xゲームスは、私タヤも現地取材を行い、このトビコムでも速報レポートを掲載していた大会。
今回の放送では、同じく僕が解説役として声の出演をしています(笑)。
ということで、トビコムでの文字レポートを映像&音声で楽しむことが可能。
J SPORTS ESPNが見られる環境の人は是非チェックを!!

■タヤ

Wカップハーフパイプ@アルツ磐梯 リザルト ■タヤ

wcup_zenkei_resize1.jpg

昨日15日、福島県のアルツ磐梯スキー場でハーフパイプのワールドカップが開催された。
国内でのハーフパイプのワールドカップは今回が初開催。
地元開催ということで、日本人は男子7名、女子6名が出場。

男子優勝は、Matthew Hayward。
カナダ出身の18歳の彼は、今シーズンの前回のワールドカップに引き続き2連勝。
第一ヒットで1260を決めるなど、高さのあるスムースな回転と余裕のあるランディングを決めた。
2位はKalle Leinonen。フィンランド出身で、今シーズン大きくスキルを上げてきた選手。フィンランドのハーフパイプナショナルチームメンバーとして今シーズンは世界中を転戦している。高さのあるエアと、グラブの入った左右両方向の900など完成度の高いトリックを決めた。
3位はMicheal Riddle。彼も1位のMatthewと同じくカナダ人。昨年の日本オープンでも2位になり、今シーズンはXゲームスにも出場するなど世界のトップシーンでバリバリと活躍しているライダー。
その他のリザルトは以下。

yoyyaya-13.png

とにかく、高さを出したライダーがスコアを伸ばしてした。
普段はスイッチからのトリックを得意とするライダーが、この大会に限ってはそれを封印していた(AJ Berton、Xavier Bertoniなど)のを見ると、Wカップの採点基準では他の大会よりもスイッチからのトリックの難易度のアピールよりも、高さ重視のトリックを選んだ方が有利ということだったのだろうか。

日本人選手は決勝進出を果たした津田健太郎が10位、上野雄大が12位。
津田健太郎は全体に高さのあるエアを決めた。特に最初の900、3ヒット目の540の高さは外国人選手にもひけをとっていなかった。

また女子は、三星まなみが日本人で唯一決勝進出。両方向の540を決めたが、フレアで失敗した。
だた、今大会女子では縦回転の入るフレアに挑戦したのは彼女一人。来週の日本オープンでは成功なるか!?

女子のその他の結果は以下。

yoyyaya-12.png

ワールドカップは今日16日がモーグル、明日17日がエアリアルが、いづれもリステルで開催される。

■タヤ

2008/2/10 日曜日

イベントへ連れて行って■炊ける

こんにちは。

この3連休はシーズン中でもっともスキー場が賑わうという話ですが、今年はどうなんでしょう? 東京や名古屋でも雪が積もったことで「スキーに行こうかな?」という気分に多くの人がなってくれると嬉しいですね。スキー場も盛り上がりますし。

さて、この連休中は各地でスキーにまつわるイベントが行われているようです。なかでも札幌の雪祭り会場で行われている「白い恋人Presents PARK AIR 011style 2008」では、1000人を越す観客の前でライディングを披露しています。
現場の様子などはこちらのブログで↓
http://blog.livedoor.jp/csf_sp/
(cubic S filmsの倉田君のブログ)

シーズンも中盤にさしかかりイベントがモリモリやってきますね〜。
そこで、大会やキャンプ以外で面白そうなイベントを個人的に紹介しようと思います。
僕は野外フェスが好きなので、そういった趣向のイベントに興味があります。滑って、食べて、踊って、酔っぱらって…みたいな。
そこで、来週、再来週に控えているのがコレ。

■豪雪JAM
雪国で行われる 野外フェス。音楽はもちろんのこと、雑貨ショップや食事、キャンドル作りのワークショップなど、1日中遊べるイベント。
http://www.kuma-kuma.jp/gosetsu/index.html
■REGGAE SNOW SPLASH
レゲエを聴いて踊って、さらにはナゼかTGRの「Lost & Found.」も見れちゃうイベント。水上と白馬で開催。
http://www.reggaesnowsplash.com/

先月安比で行われた「appi jazzy sport(http://www.appi-jazzysport.com/top.html)」も同じような趣向だと思います。

たまには、こうしたイベントに行ってみるのはどうですか? 「スキーなんかできない」なんて言っている腰の重い友達も「音楽聞きに行こうよ」なら誘いやすいかもしれません。ちなみに、僕は豪雪JAMの時は猪苗代W杯、REGGAE SNOW SPLASHの時は上越国際のNFOの取材で行けないのですが…。
「他にもこんな面白いイベントがあるよ」って知っている人がいたら教えてください。

2008/2/7 木曜日

【キャンプレポート】FREERIDE SKI AIR CAMP in 白馬さのさか  ■検索

yyayoy0207.jpg皆さんこんばんわ。
最近東京は「こんなに東京って寒かったっけ?」って思うくらい寒いです。
編集部は来季のBravoskiの企画を練り、営業部は来週から始まる各メーカー展示会へ行く準備をしています。
と、同時にイベントの準備もあったりして、やっぱりシーズン中は忙しいなーと思う今日この頃です。

さて。先日2/2-3に白馬さのさかで行われた『FREERIDE SKI AIR CAMP in 白馬さのさか』の主催者キセッチからレポートが届きましたので、紹介します。
<以下キセッチより>

______________

先日2/2-3に『FREERIDE SKI AIR CAMP in 白馬さのさか』の今シーズンの開催が無事に終了致しました。初日10名、二日目7名のご参加をいただき、天候も初日はたまに晴れ間も差しいいコンディション、二日目はあいにくの雪でしたが、それはそれでパウダーなどのフリーランも楽しめて幅広くフリースキーを楽しめたCAMPとなりました。
飛びが中心ではありますが、フリーラン、パーク、さらにはクロスコースで皆でレース、そしてほんのチョットモーグルなど白馬さのさかスキー場で遊べる物は全て使っての二日間となりました。参加者の皆様も形に捕われず思いっきり楽しんでいただけた事と思います。ご参加いただいた皆様、そして今シーズンもコーチとして来ていただいた立花透君、本当にありがとうございました。

______________

また、来る2/27にはカナダカップの出場権もかかっているオープン大会「HAKUBA SANOSAKA OPEN 2008」が開催されます。
是非ご参加下さい。http://www.sanosaka.com/

 

検索

 

2008/2/5 火曜日

激戦!USオープンハーフパイプ ■タヤ

hs4q0434_resize1.jpg[上写真]男子表彰台

USオープンのハーフパイプは例年のごとく、アップカマーが半端ない勢いで激戦を繰り広げた。
例年の顔ぶれも参加しているのだが、そうじゃない選手がとにかくグングンとうまくなっていて、結果を残した。

1位のAJ(写真中央)は、スイッチ、ナチュラル、アンナチュラルを組み合わせたルーティーンを完璧な完成度でメイク。実力派アップカマー、というか、めちゃうまい。
スウェーデン出身のスーパーナイスガイで、日本にも来日予定。
Wカップ、日本オープンと参戦する。いつもフレンドリーでスマイリー。人気が出そうだ。
2位Taylor(写真左)は、USオープン開催地Copper Mountainのローカル。
完全無名のローカルスキーヤーが、実力で一気に勝ち上がったという感じだった。
ただ、たまたま取った2位ではなく、滑りもそれに値するものだった。北米のローカルライダーの実力の高さというか、層の厚さをかいま見た気がした。
3位Xavier(写真右)は、フランスのハーフパイプナショナルチームメンバー。スイッチ1080(これまでに大会でメイクしたのは、タナー・ホールとXavierのみのはず)と、アンナチュラル1080を組み合わせたルーティーンは、最高難度ルーティーンだったと思う。優勝してもおかしくないランだった。

4位Stefanはとにかくスタイリッシュ。何をやってもかっこよかった。
あとは、10位Byron(Jossi Wellsの弟。15歳)の成長っぷりが半端なかった。
その他の結果は以下。
1) AJ Kempainen

2) Taylor Seaton

3) Xavier Bertoni

4) Stefan Thomas

5) Kalle Leinonen

6) Lyndon Sheehan

7) Dan marion

8) Jon Marks

9) Sean Field

10) Byron Wells

11) Colby West

12) Tyler Peterson

13) Jon Cyrulik

14) Matt Hayward

15) Brent Abrams

16) John Symms
hs4q0001_resize1.jpg
hs4q0290_resize1.jpg
[上写真]優勝したAJの出走直前(上)と優勝決定直後(下)。

日本から参加のキヨ(寺田キヨシ)は、予選を通過したがセミファイナルで惜しくも敗退。
今週にAspenで行われるAspen Openにも参加予定なので、そちらでも期待したい。

hs4q0255_resize1.jpg[上写真]AJの第一エア。スイッチ720トラックドライバーグラブ。
hs4q0076_resize1.jpg[上写真]AJの第3エア。900テールグラブ
hs4q0158_resize1.jpg[上写真]AJと同じくスウェーデン出身のKalle(5位)。900、アリウープ900、1080、スイッチ900という、高回転ルーティーンをかなりの高さでメイク。セミファイナル、ファイナルの1、2、3本目と、滑るたびに勢いを増した。今後が楽しみなライダーだ。彼も日本来日メンバー。
hs4q0264_resize1.jpg[上写真]4位Stefanの第一エア。720ニアテールティップグラブ。


hs4q0387_resize1.jpg
[上写真]1位Jess(左)、3位Roz(右)。2位のMirjamはラストランで怪我のため表彰式には参加せず。

その他女子の結果は以下。まなみちゃん(三星眞奈美)が参加。女子では世界で唯一のフレアに果敢に挑戦したが、惜しくも成功には至らなかった。だが、会場や選手からは、その攻めっぷりを賞賛する大きな歓声が上がっていた。彼女はこの後のWカップと日本オープンにも参戦予定だ。
1) Jess Cumming

2) Mirjam Jaeger

3) Roz Groenewoud

4) Anais Carradeux

5) Keltie Hansen

6) Angeli VanLaanen

7) Megan Gunning

8) Claudia Bouvier

9) Stephanie Seriani

10) Gina Gmeiner

11) Katrien Aerts

12) Em Lonsdale

13) Davina Williams

14) Jen Hudak

15) Manami Mitsoboshi

hs4q0343_resize1.jpg
[USオープン裏話]
今回のUSオープンのジャッジの一人、スコーゲン・スプラング。
かつては「LINE」のライダーとしてコアゲームスのビッグエアで優勝。当時まだめずらしかったスイッチ720、540を世界でもいち早くマスターした一人。
彼の名前を聞いて「懐かしい!」と思った人も少なくないはず。それほど鮮烈なデビューだったのだ。
(うまくてかっこよかった)

■タヤ

JF Houle優勝! @USオープンSS ■タヤ

hs4q0358_resize1.jpg男子表彰台(スロープスタイル)

hs4q0427_resize1.jpg男子リザルト

hs4q0298_resize1.jpg女子表彰台(スロープスタイル)

hs4q0428_resize1.jpg女子リザルト

hs4q0027_resize1.jpgJF。フラットダウンレールへの450イン270アウト。

USオープン、男女スロープスタイルの決勝が行われた。
男子はJF Houleが優勝。ビッグコンテストでの念願の初タイトルとなった。
2位はRuss Henshaw。3位はPhillpe Casabon。
JonやSimon、TJが参加していなかったとはいえ、上位3名だけでなく4位以下の入賞者も含めて昨年までと大きく顔ぶれが変わった。
とはいえ、その実力は十分。毎年ドンドンとアップカマーが現れる世界のフリースキーシーンの勢いを感じた。
タヤ的には3位になったCasabonが、セミファイナルで独自のジブトリックを炸裂させていたのが最も印象的だった。
あとは、5位のMatt Walkerと予選敗退だったTom Wallischの滑りは見ていてかなりテンションが上がるほどの新鮮なスタイルを放っていた。

女子はAShley Battersbyが優勝。DVDでもストリートレールを攻め攻めの彼女もJFとともにUSオープン初優勝。
日本から参加のマイマイ(原麻衣子)は11位。

今日はハーフパイプの予選とビッグエアが行われる。
午前中に行われたハーフパイプ予選で、キヨ(寺田キヨシ)が予選を通過。

■タヤ

2008/2/4 月曜日

日本のイベントスケジュールはこちら  ■検索

速報レポート中に失礼します。。。
海外では、XGAMESやUSOPENなどコンテストやイベントで盛り上がっているようですが、日本国内もそろそろイベント情報が集まってまいりました。
今年はなんだか西日本でのイベントが多いような気が。。
今日現在で編集部に届いたオフィシャルリリース(飛びジブ系コンテストのみ)をまとめてみましたので、ご覧下さい。
参加する予定の方は、各イベント共に事前エントリーをお薦めします。

_____________________ 

 

 

■2008 Freestyle FIS WORLD CUP
2月15日(金)/ アルツ磐梯スキー場
ハーフパイプ / 一般参加不可
http://www.inawashiro2009.jp/fis2008/index.html

 

■NIPPON FREESKIING OPEN
2月21日〜24日 / 上越国際スキー場
スロープスタイル・ハーフパイプ / オープン参加
http://nfo.jp/

 

■HAKUBA SANOSAKA OPEN
2月27日(水)/ 白馬さのさかスキー場
ビッグエア / オープン参加
http://www.sanosaka.com/pc.html

 

■VOLKL presents King of Halfpipe
3月1日(土)/ 高鷲スノーパーク
ハーフパイプ / オープン・ビギナー・ガールズクラス参加
http://www.hmjproject.com/

 

■OKUMINO MASTERS
3月3日(月)/ ダイナランド
ビッグエア / オープン参加
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/chika-pon/?pnum=0_0

 

■HIMARAYA FREESKI JAM
3月8日(土) / パインリッジリゾーツ芸北
スロープスタイル / オープン・ガールズクラス参加
http://re-ski.jp/himaraya/

 

■WILLCOM CUP スロープスタイル
3月8日(土)/ 白馬五竜スキー場
スロープスタイル / オープン男女・チャレンジ男女クラス参加
http://www.airfield.jp/willcom/

 

■WILLCOM CUP ハーフパイプ
3月9日(日)/ HAKUBA47スキー場
ハーフパイプ / オープン男女・チャレンジ男女クラス参加
http://www.airfield.jp/willcom/

 

■WILLCOM NIGHT
3月15日(土) / 白馬五竜スキー場
ビッグエア / インビテーション制
http://www.airfield.jp/willcom/
 

2008/2/2 土曜日

USオープン、スロープ予選 ■タヤ

us_ss_heat1.jpg

us_ss_heat2.jpg

us_ss_heat3.jpg

us_ss_heat4.jpg

昨日まで男子スロープスタイルの予選が行われた。
参加者242人が4組に分かれて、それぞれ8人がセミファイナル(準決勝)に進出する。
日本から参加組は残念ながら全員予選敗退。
一番惜しかったのはけんちゃん(津田健太郎)の第2組での13位。
雪が降っていてスキーがなかなか走らなかった。

予選通過の32名に、インビテーションの18名が加わってセミファイナルが行われる。
主な予選通過選手は以下。
JF Houle、Mike Hornbeck、Matt Walker、Sean Logan、Vincent Gagnier、Derick Spong、Tom Wallisch、Phillip Casabon。
なかでもマンモスMt.のローカルSean Loganは、すべてのレールでプレッツェルアウト(スピンインして、その回転方向とは逆にスピンしてアウトすること)して、予選の最高得点をマーク。
その他アップカマーも続々登場している。

明日は男女のスロープのセミファイナルとファイナルが行われる。
女子ではインビテーションを受けているマイマイ(原麻衣子)が決勝から登場。
昨年見事4位入賞を果たした彼女の結果はいかに!?

■タヤ