2008/1/31 木曜日

ヨンとサイモンが…! ■タヤ

jon_freeskiing.jpg

写真はXゲームスのスロープスタイルで3位入賞直後のヨン・オルソン。
昨年秋発売のFREERSKIINGでの自らのページを開いてます。
(というか、持ってもらったんだけど(笑))
で、今年はヨンとサイモンが取り仕切って、ノースアメリカンオープン(North American Open)という大会を開催するという。
その日程が、日本オープンと同じで参加選手がばらけそう。
少し残念だが、このNorth American Openという大会も北米ではかなりの話題を呼んでいるそうだ。

■タヤ

USオープン開幕! ■タヤ

usfo_08logo_wide.jpg

Xゲームスが終わってから、僕たちはブリッケンリッジというスキー場に移動。
ブリッケンリッジは、その常設キッカー&パイプのクオリティとそのハイレベルさではおそらく世界一といっても過言ではないレベルのスキー場。
そして今日からUSオープンが開幕。
最初の2日間はスロープスタイルの予選。
スロープスタイルのコースは3連キッカーから3連でジブがつながる。今日は雪が降っていてスキーが走りづらそうだった。
少しでもミスをするとキッカーでスピードが足りなくなるという、選手には厳しいコンディション。
今日参戦した日本人メンバーは、けんちゃん(津田健太郎)、キヨ(寺田キヨシ)、ピック(アクツタダシ)の3人。
結果は1時間後にでるそうです。

他の日本人は、スロープでマイマイ(原麻衣子)、ハーフパイプでまなみちゃん(三星眞奈美)が参戦予定。二人とも昨年のリザルトでインビテーションをもらっている期待の2人だ。

今週も世界大会速報レポート(USオープン編)をアップしていく予定。

■タヤ

2008/1/29 火曜日

XGAMES テレビ放送決定!   ■検索

img_logo.jpg皆さんこんにちは。
タヤの現地からのXGAMES速報。タナーホール、サラバーグ、アンドレアス。タヤの文章からすると、
さらに進化したようですね。どこまでいくのでしょうか?
これらの映像はJ SPORTSにて放送されます。
是非チェックを!!

 

 

○放送局: J SPORTS
○番組タイトル: Winter X Games 2008(ウインター エックスゲームス 2008)
○チャンネル:「J sports ESPN」

 

■2008年2月9日(土) 18:00-19:30
#1 スキー スーパーパイプ/スノーモービル スポード&スタイル(決勝)
(Ski SuperPipe Men’s Final & Snowmobile Speed & Style Final)

 

■2008年2月9日(土) 19:30-21:00
#2 スキー ビッグエア/女子スノーボード スーパーパイプ/スノーボード スロープスタイル(決勝)
(Ski Big Air Final・Women’s Snowboard SuperPipe Final & Snowboard Slopestyle Finals)

 

■2008年2月10日(日) 18:00-19:30
#3 スノーボード ビッグエア/スノーボーダーエックス/スノーモービルクロス(決勝)
(Snowboard Big Air Final・Snowboarder X Finals & Snowmobile SnoCross Final)

 

■2008年2月16日(土) 20:00-21:30
#4 スキー スロープスタイル/スキーヤーエックス(決勝)
(Ski Slopestyle Final & Skier X Finals)

 

■2008年2月17日(日) 20:00-21:30
#5 スノーボード スーパーパイプ/スノーモビール フリースタイル(決勝)
(Snowboard SuperPipe Men’s Final & Snowmobile Freestyle Final)
J SPORTS
http://www.jsports.co.jp/

 

検索

2008/1/28 月曜日

[SSはアンドレアスが優勝! @Xゲームス] ■タヤ

ss_award.jpg

たった今スロープスタイルの決勝が終わった。
優勝はアンドレアス・ホートヴァイト(ノルウェー)
2位ジョシー・ウェルズ(ニュージーランド)
3位ヨン・オルソン(スウェーデン)

優勝したアンドレアスのルーティーンは

(アップフラットダウンボックス)
右サイドからトランスファーでの450イン

(キッカーから飛び出してるボックス)
スイッチロデオアウト(スイッチから入って、90スキーを回転させてボックスをこすり、その後ロデオっぽく回転しながらアウトしてレギュラー着地)

(キッカー)
アンナチュラル900ノーズティップグラブ

(キッカー)
スイッチ1080ミュートグラブ

(キッカー)
スイッチアンナチュラル1080ミュートグラブ

(キッカー)
スイッチ1260ノーズミュートグラブ

速報レポートでした。その他詳細は後ほど

■タヤ

[女子スーパーパイプ決勝 @Xゲームス] ■タヤ

0125_womenaward.jpg
0125_sarah.jpg

0125_mirjam.jpg

0125_jen2.jpg

0125_greta.jpg

昨日は女子のスーパーパイプの決勝だった。
サラ・バークが2位に10ポイント以上の差をつけるという、超断トツの滑りで優勝。
今回のXゲームスでは女子で唯一となる900を完璧にメイクした。
2位はスイスのイエガー。昨年の日本オープンのパイプでも3位になった彼女は、サラとともに今年も猪苗代のWカップ、そして日本オープンにも参戦予定。
3位はジェン・フダック。
その他順位は以下

Name / Bib # / Hometown / Score

1. Sarah Burke / 542 / Whistler, BC, Canada / 92.00
2. Mirjam Jaeger / 549 / Zurich, Switzerland / 81.33
3. Jen Hudak / 548 / Park City, Utah / 78.33
4. Jess Cumming / 543 / Wilton, Ct. / 78.00
5. Virginie Faivre / 545 / Montreux, Switzerland / 77.66
6. Grete Eliassen / 544 / Salt Lake City, Utah / 74.00
7. Gina Gmeiner / 546 / Park City, Utah / 69.33
8. Stephanie Sirianni / 550 / Melbourne, Australia / 62.00
9. Em Lonsdale / 523 / Settle, Great Britain / 58.66
10. Roz Groenewoud / 547 / Calgary, AB, Canada / 54.66
11. Angeli VanLaanen / 551 / Bellingham, Wash. / 36.66
12. Kristi Leskinen / 553 / Uniontown, Pa. / 20.00

女子は2本滑って高い方のスコアで順位が決定される。
サラは一本目、900に挑戦して転んだが、残されたラスト1本で見事に完璧な滑りでまとめた。
900以外にも、540、720をルーティーンに入れていた。
しかも昨年4月にウィスラーで開催されたWSIで1080をメイクしていたことを考えると、こちらもタナーと同様、余裕を残して!?の優勝なのかとも思わせられる。

とにかく、女子パイプシーンは、今後もしばらくサラがトップシーンを引っ張るような勢いだ。
彼女は2月の猪苗代ワールドカップ、その後の日本オープンにも来日予定。

写真1
中(1位):Sarah Burke
左(2位):Mirjam Jaeger
右(3位):Jen Hudak

写真2
Sarah Burke

写真3
Mirjam Jaeger

写真4
Jen Hudak

写真5
今季からHeadに移籍したGrate(昨シーズンまではArmadaだった)

■タヤ

[Yahoo!デリバー] 毎日だれかに1万円! ノーローン入会キャンペーン!

 Yahoo!デリバー            

- Yahoo!デリバー

2008/1/26 土曜日

[タナー優勝! @XゲームスSP] ■タヤ

0125award.jpg 0125mat.jpg

0125peter.jpg 0125simon900.jpg

0125tanner_start.jpg 0125tanner_sp1.jpg

0125jossicolby.jpg 0125gallery.jpg

いやーすごかった!
Xゲームス、スーパーパイプ(以下SP)はタナー・ホールが優勝。
これで3年連続のXゲームスでのスーパーパイプ優勝となった。
サイモン・デュモンは昨年に引き続き2位。
3位には昨年一気に力を伸ばしたコルビー・ウエストが入った。
結果は以下

Name / Bib No. / Hometown / Score

1. Tanner Hall / 526 / Kalispell, Mont. / 92.33
2. Simon Dumont / 504 / Bethel, Maine / 91.00
3. Colby West / 522 / Canterbury, N.H. / 85.00
4. Andreas Hatveit / 507 / Sudndalen, Norway / 81.66
5. Jossi Wells / 527 / Wanaka, New Zealand / 75.00
6. Mike Riddle / 513 / Sherwood Park, AB, Canada / 70.00
7. Peter Olenick / 510 / Aspen, Colo. / 65.00
8. Sean Field / 540 / Tahoe City, Calif. / 64.00
9. Matt Hayward / 528 / Red Deer, AB, Canada / 50.33
10. Kevin Rolland / 531 / La Plagne, France / 0.00

決勝直前には2時間の公式トレーニングがあった。
各ライダーとも、まずはエアターンや低回転のトリックでパイプの調子を見ながらウォーミングアップを始めた。
ところがタナーだけは、その一本目から本番さながらの高さ、1260こそかけていなかったが、それ以外は本番と同じルーティーン。
しかもタナーがミスしたのは、昨日の公式トレーニングと今日の公式トレーニング、そして決勝すべて合わせて、たったの1ヒットのみ。今シーズンのコンテストはXゲームスだけに照準を合わせていたとはいえ、完成度の高さは抜群。(ちなみにミスしたのは公式トレーニング中)
そんなタナーの完成度をみて、サイモンはファーストヒットでのトリックを特大540のダブルグラブから、超特大900に変更。かなりタナーを意識している様子。
予選3位通過のフランスのケビン・ローランドも、徐々に高さを増してきていた。
そして公式トレーニングの後半、ピーター・オレニックがついに秘密兵器のダブルフリップをかけてきた。しかも今年はスキーをクロスして、なにやらグラブをつかもうと試みて、完成度も昨年よりも上がっていた。

3位通過のケビンは、公式トレーニング中に怪我をしてしまい、本戦は欠場。
そいて決勝が始まる直前から雪が降ってきた。
決勝は一人3本滑って、最も高かったスコアで順位が決定される。
予選10位のSean Fieldからスタート。
雪の影響か、1本目は予選より全体的に高さが出ていない。

一本目トップにたったタナーが、2本目にさらに完璧なランで92.33ポイント。
最後の3本目、残り2人(サイモンとタナー)になって、会場が最高に盛り上がった。
サイモンのラストランは、その強烈な気迫が会場全体に伝わるかのような滑りを完璧メイク。
だがスコアはタナーに届かず2位が決定し、この時点でタナーの優勝が決まった。
1ヒット目の高さはタナー以上だったサイモンのスコアに、会場からは大ブーイング。
ちなみにサイモンのルーティーンは、フロントサイドの900→アリウープ900→1260→アリウープ720→スイッチ720。
一方、優勝したタナーのルーティーンはバックサイドのアンナチュラル(ライトサイド)900→1260→フラット540→900→フラット360→スイッチ720→アリウープ900。
サイモンが5ヒットに対して、タナーが7ヒット。しかもタナーはアンナチュラル方向のスピン、スイッチ、1260、7ヒットと、トリックのバリエーションも非の打ち所がなかった。
今季、タナーの専属コーチをしているというエリック・アイバーグ(昨年IDEAというDVDを作ったフィルマー)がいうには、タナーはアリウープ1080もできるが、まだ温存しているという話だ。さらにニヤニヤしながら、「実は他にもまだ隠してるトリックがあるんだぜ」と小声でささやいていたが、、、。

タナーはスロープと合わせて、Xゲームスでトータル10個目のメダル。そのうち優勝7回。
これは、Xゲームス種目のスノーボード、スキークロス、スノーモービルなどすべてを含めた参加者の中で最多だ。
優勝後のインタビューでは、今シーズンはこの後アラスカやカナダの北部でのバックカントリーシューティングに集中するとのことだった。

この日は大会後、町中で行われた北米のフリースキー雑誌「FREESKIER」のパーティーに参加。FREESKIERは、全員僕と同い年くらいの若手スタッフばかり。どこで会ってもすごくフレンドリー。まじでフレンドリー。個人的に、勝手にFREESKIING(タヤ編集)のライバル誌だと思っている(笑)。
このパーティーに、昨年までは「潜入」ぎみのギリギリ滑り込みメイクをしていたが、今年はインビテーションをもらって入れた。やったぜ。
と、このパーティーでもいろんな出会いと出来事が起こったのだが、それはまた後々に。

写真1
表彰式。今年から優勝賞金は$30,000(約330万円)。昨年より40%アップした。

写真2
1本目。2番目スタートのマット・ヘイワードのファーストヒットは1260。雪が結構降っていた。

写真3
ピーター・オレニックのファーストヒットのダブルフリップ。

写真4
サイモン・デュモンのファーストヒット。特大900テールグラブ。

写真5
スタートを待つタナー・ホールと、彼の見る景色。

写真6
タナー・ホールの3ヒット目のフラット540。

写真7
スタートを待つジョシー(左)とコルビー(右)

写真8
ゴールエリア。地元アスペンのピーター・オレニックにはとりわけ大きな歓声が上がっていた。

■タヤ

2008/1/25 金曜日

[Yahoo!デリバー] 冬!最新ケータイ買うなら今! Yahoo!携帯ショップ

 Yahoo!デリバー Yahoo!携帯ショップ   最新! 冬モデル 920シリーズ冬の陣 ゥ礇鵐據璽鷦損榁罅・ width= SoftBank 920SH 史上最薄AQUOSケータイ 5メガピクセルカメラ搭載 PHOTOS SoftBank 920SC  SoftBank 920T ほぼ全部入りケータイ  その他 冬の人気モデルも! THE PREMIUM 821SH  MIRROR 821P “赤い彗星”シャア専用ケータイ 好評発売中   ケータイ買うならYahoo!携帯ショップ  携帯を買うと、microSD 1GBなどが必ずもらえる!  

- Yahoo!デリバー

アメリカ日記 vol.4[Xゲームス開幕] ■タヤ

080122_josh_house.jpg

080123_simon_firsthit1.jpg

080123_tanner_redbull.jpg

いよいよ今年のXゲームスが開幕!
僕は22日にMt. Bakerを後にして、シアトルまで車で3時間。そこから飛行機で3時間飛んで、コロラド州デンバーへ。
この日は、デンバー在住のLevel 1 Productionのフィルマー、Josh Bermanの家に泊めてもらった。
翌日、朝からキャンピングカーを借りにいって、そのまま5時間走って、ここAspenへ到着。
ここは、毎年Xゲームスの会場になっている場所で、北米で1、2を争う超高級リゾート地。
スキー場の隣には自家用ジェット&セスナ機の発着所と駐機所!?が延々続いている。

そして、大会は昨日の夜にスーパーパイプの予選が行われた。
16名中、上位10名が決勝に進出する。
結果は以下

Name / Bib No. / Hometown / Score

1. Tanner Hall / 526 / Kalispell, Montana / 95.33
2. Simon Dumont / 504 / Bethel, Maine / 89.33
3. Kevin Rolland / 531 / La Plagne, France / 82.66
4. Andreas Hatveit / 507 / Sudndalen, Norway / 78.00
5. Mike Riddle / 513 / Sherwood Park, AB, Canada / 75.33
6. Jossi Wells / 517 / Wanaka, New Zealand / 75.00
7. Matt Hayward / 528 / Red Deer, AB, Canada / 73.00
8. Colby West / 522 / Canterbury, N.H. / 72.33
9. Peter Olenick / 510 / Aspen, Colorado / 72.00
10. Sean Field / 540 / Tahoe City, Calif. / 70.00
11. Sammy Carlson / 501 / Tigard, Oregon / 69.00
12. John Symms / 532 / Salt Lake City, Utah / 67.00
13. Stefan Thomas / 533 /Park City, Utah / 65.33
14. Xavier Bertoni / 536 / La Clusaz, France / 45.00
15. Justin Dorey / 538 / Vernon, BC, Canada / 36.66
16. Brent Abrams / 539 / South Lake Tahoe, Calif. / 19.00

いづれも世界中から選ばれた、まさに今のパイプシーンを代表する16名。
すごかったのはなんと言ってもタナー・ホール。
2本とも完璧なランで、95ポイントというかなりのハイスコアを出しているが、それでもまだまだ余裕を感じさせる滑りだった。
ルーティーンも昨年からさらに進化した。
昨年は一発目がスイッチエントリーだったが、ことしは一発目にバックサイドでのアンナチュラル900。続いて1260。最後は、フラット360からつないだスイッチ720。
すべてがリップにピタピタに着地という、まさに神業。
2位サイモンも、いつもながら一発目はバッチコンと飛んでいて、途中で1260も完璧メイク。彼も最後にスイッチ720をルーティーンに入れていた。
そして今年爆発力を見せているのが、3位に入ったフランスのケビン。一発目のエアの高さはサイモンに並ぶ勢い。
アンナチュラル回転、スイッチからのトリックが去年よりもさらに多くなってきた。
ピーターはダブルフリップは今年はまだ温存の様子。
先日、日本初のツインチップスキーブランド「ストリクトリー」と契約した、ブレントも出場。世界の16人に選ばれるとはすごい。残念ながら2本とも失敗してしまったが、2本目はバックサイドでライトサイドの1260をメイク。おそらくバックサイドでの1260ができるのは、現在世界で彼だけだろう。
その他、全員分のレポートを書きたいところだがもうすぐスロープの公式トレーニングが始まるので、とりあえすこのへんで。

今日は今(昼の12時)からスロープスタイルの公式トレーニング、そして夕方からスーパーパイプの公式トレーニング、その後19時からいよいよ決勝だ。

ちなみに、こちらの夜の気温はマイナス20度。むっちゃ寒い!!

写真上:レベル1プロダクション(去年はREAL TIMEをリリース)のフィルマー、Josh Bermanと。彼は去年のクリスマスになんと一軒家を購入! 地上3階、地下1階。その額××××万円!!(一応内緒にしといて欲しいらしい)
アメリカンドリームだ。

写真中:サイモン・ディモン!

写真下:タナー・ホール。会った瞬間「hey! Tatsuya!」と声をかけてくれたぞ!タナーはいつも名前を覚えててくれて、話かけてくれる。こういう気の利くところが、彼がスターであるゆえんの一つかもと思わせる。こちらのテンションも一気に上がった!

■タヤ

2008/1/23 水曜日

TOKYO雪 ⇒ Winter XGAMES 12開幕!

080123_110753.JPGprex_412.jpg皆様。東京が真っ白です。
昨晩のニュースで、「明日は関東地方は大雪でしょう」なんて言っていましたが、まあまあそんなんゆうても。。。
っと、信じていませんでした。が!今朝起きたら、街が真っ白。
そこで私の悩みは「はて。傘をさすべきなのか?」
仕事の関係上、毎週のように雪山に行く私ですが、もちろん傘などは持って行きません。
街の人たちはスーツや小奇麗なカッコをしている方が多いので、傘をさすのでしょうね。
私は雪山へ行く時のカッコ(デニムとシャカシャカアウター、トレッキングシューズ)でフードをすっぽりかぶってきました。
だけど、街中で傘をささずに歩いていると、少しだけ恥ずかしさを感じてしまいました。なんでだろ?

 

さてさて。
1月21日(現地時間)から「Winter XGAMES 12」がアメリカ・アスペン/スノーマスで開催されています。
ビッグクリフを飛んで興奮冷めやらぬ、BS編集部のタヤが現地から速報レポートをお届けする予定です。
スキーのスーパーパイプ、スロープスタイル、ビッグエアはもちろん楽しみですが、スキークロスでは、瀧澤さん、健児、のり子の日本勢の活躍にも期待大です!!

 

選手の細かいトリック解説や、大会裏側の様子など、可能なかぎり潜入に挑戦するとのことです。
このトビコムで随時アップしていきますので、要チェックです!
■Winter XGAMES 12スケジュールはこちら
http://expn.go.com/expn/story?id=3142792#

 

検索

次のページ »