2016年12月14日 難攻不落の岩壁に挑む男たちを描いたドキュメンタリー「MERU/メルー」

ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁”シャークスフィン”に挑む、3人のクライマーにフォーカスしたドキュメンタリー映画、「MERU/メルー」。 数万人規模の観客が訪れ、約200本もの長・短編映画が上映されるサンダンス映画祭で、観客賞も受賞しているこの映画は、 大晦日から新宿ピカデリー/丸の内ピカデリー/109シネマズ二子玉川ほかの映画館で順次公開予定だ。

”シャークスフィン”と呼ばれる岩壁はその名の通りサメの背ビレのような形をした岩壁の通称。メルー自体はすでに登頂されている山だが、この岩壁を直登するルートは誰も成功したことがなく、「世界最難」とも言われる。

それに挑むコンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークは経験も実績も豊富な一流クライマーだが、そのチャレンジは至難を極めた。

7日間のはずの予定が倍以上の20日間にも及び、山頂まであと100mのところまで辿り着いたが、食料や燃料の枯渇、体力の限界などから最初のチャレンジは失敗に終わる。

その失敗から、3人それぞれに降りかかる苦難、それを乗り越えて登頂を成功させるまで、「なぜ自分たちはこんなことをしているのか」という葛藤や、ただ挑む姿だけではなく、ひとりひとりの生い立ちや、メルーへの想いなどが描かれ、この難攻不落の岩壁に挑むクライマーたちがどのような気持ちで、どのように登っていくのかを、サイドストーリーを交え、様々な視点から映している。一つの山を登ることにフォーカスした作品というよりも、この山に挑む登山家たちに焦点を当てた作品となっている。

また、ジミー・チンとレナン・オズタークがともにスキーをする場面もある。尺こそ多くはないが、内容的にかなり重要な局面になるシーンでもあるため、気になる人は映画館で確かめてほしい。

公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。

カレンダー

2020年8月
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

TWITTER

    過去ログ

    RSS

    BS.com Official twittar