2010年12月28日 スキーパトロールのこと■炊ける

こんばんは。

この週末はニュースにもなっていた福島県をはじめ、北日本各地で局地的な大雪でしたね。
喜んだ人、大変だった人、雪人生いろいろでしょうか? ボクもこの寒波を逃すまいと東北に出没していました。
日曜日は盛岡市内でも滅多にないほどの積雪量。 恐るべし、寒波です。


※東北トリップの模様は次回で。。。

さて、今日のネタは、ゲレンデの安全を管理するスキーパトロールに関するお話し。
ボクら滑り手が、安心してゲレンデを滑ることができるのも彼らがいるからこそ。けが人の救命救護はもちろんのこと、事故が起きないよう予防線を張るのも彼らの重要な仕事の一つです。


そんなスキーパトロールへ向けてサーフェススキーはパトロール専用スキー「SAVELIFE」をリリースしました。名前の通り、「命を守る」と名付けられたスキーです。


SKI SPEC
・Maple-Poplar Wood Core
・ABS Sidewall Construction
・Extra Thick Edge Material
・Binding Reinforcement Sheets
・Extruded Base
・Mounting Points
・Sizes: 172cm (132/100/122) and 182cm(132/100/122)
・RADIUS: 172cm..........18.5 182cm..........19.5
・WEIGHT:172cm .............3.5kg (set)
182cm .............3.8kg (set)
・PRICE:¥31,500

「SAVELIFE」はサーフェスのオールラウンドスキー「WATCHLIFE」がベース。100mmのウェストサイズと、スーパーライトウェイトはどんなコンディションにも対応する万能スキー。

興味深い試みのはその価格。このことについてサーフェススキーでは、こう話しています。
「このプログラムは、世界中の山々で日夜、自らの危険を伴って人命救助に従事するパトロール及び山岳レスキュー隊の活動を尊敬し、サーフェススキー独自で彼らの活動をサポートするために取り組まれた特別なプログラムです」

確かに。
年間滑走日数がとんでもない数字になる彼らのスキーは消耗も激しい。そんな彼らへ安価でスキーを提供しようとする試みを、公に出すのは意義のあることだと 思います。なお、サーフェススキーは、すべての歳入の10%をWBR (Wasatch Backcountry Rescue) とICAR(International Commission for Alpine Rescue)の2つの民間非営利団体に寄付する考え、とのこと。

興味を持たれたパトロール従事者や山岳ガイドの方はコンタクトを取ってみるのはいかがでしょうか。
その際は下記の注意点も読み忘れなく。。。
――――――――――――――――――――――――――――――
・十字マークをモチーフにデザインされたSAVELIFEは、限られた方々を対象とさせていただくため、ご購入にあたっては以下の注意事項を厳守いただき、このSAVELIFE SKIを救護活動にお役立て下さい。
・SAVELIFEは、救護・医療に携わる資格を有し、ご購入申請者のみが使用されることに限らせていただきます。
・ご購入申請用紙には、購入申請者ご本人と所属団体名及び、所属団体責任者のご署名が必要です。
・いかなる場合もSAVELIFEの転売、譲渡は固く禁止させていただきます。

御購入にあたっては、一度サーフェススキージャパンにお問い合わせいただき、必要書類をそろえていただく必要がございます。書類申請後こちらで審査をさせていただく流れとなります。
パトロール従事者、山岳ガイドの方で興味のある方は是非お問い合わせください。

ウェブサイト http://www.surfaceskis.jp/savelife/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――

パトロールネタをもう一つ。

タウンユースや野外フェスで人気を集めるブランド「チャムス」が、今季からニセコアンヌプリ国際スキー場・パトロール隊のサポートを始めました。

まずはビーニーのみでサポートをスタート。帽子のみというのも珍しいですが、長時間極寒の雪山で従事するパトロール隊にとってこうした支援は心強いモノ。

なにより、これまでスノーシーンとあまり縁のなかったブランドが、このような形でスノーシーンとリンクし始めるのは、新しい流れではないでしょうか。今後も楽しみですね。

CHUMS http://shop.chums.jp/shop/
ニセコアンヌプリ国際スキー場 http://annupuri.info/

年末年始休暇を前にして予定がうまく立たず焦り気味の、炊けるでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

カレンダー

2020年6月
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

アーカイブ

TWITTER

    過去ログ

    RSS

    BS.com Official twittar