2010年12月22日 かぐらスキー場 滑走記録■炊ける

こんにちは。
先週末は山へ行ってきました。

目指したのはかぐら。雪が少ないと言われているこの時期でも、首都圏近郊では滑走距離もあって、トップの標高も高い。天気予報では雪マークも出ていたから、降雪の可能性も標高が高ければ確率は上がるはず。それに練馬から近い。

また、土曜日にはかぐらと田代が繋がるとのニュースをwebで見つけたのが決定打になりました。
壁が楽しい丸沼高原と最後の最後まで迷ったんですけどね…。


というわけで、関越道へ。滑り手の憩いの場上里で休憩。スターバックスが早朝から営業しているのがとても嬉しい。


練馬を6:00に発って現地に着いたのが9:00前。山へ上がる前に必ず寄るのが「パウダーステーション」。店長の関上くん(写真右)から、前日までの情報を聞きつつも、視線は新商品に移っちゃって「アレもコレも良いなぁ」となってしまう。危険、キケン。


18日の土曜日は、かぐらと田代が繋がっていたものの、積雪が少なくて、ロープウェイ降り場からゴンドラ乗り場まではバス移動。スキーを片手につり革を握り、満員バスに揺られての移動はなんだか新鮮な気分。


で、ゲレンデトップに上がってみたものの、写真のように降雪のため視界はやや悪め。でも、雪質はとても良好。ちなみに、この日の美味しかったポイントは…

□かぐらエリア<テクニカルコース> 大きいコブだらけでしたが、下から見上げると左側の片斜面部分では所々でヒザ下ほどの新雪。コブからコブをピョンピョンと飛びながらの滑走もグッド。

□<田代・かぐら連絡コース> 林間コースで片斜面、おまけに狭い。何が楽しいの?と思うでしょうが、フロントサイド側の壁へ当て込みながらの移動も楽しいものです。

□田代エリア<ダイナミックコース> ここもコース上部から見て右側がひたすら非圧雪。にもかかわらず、滑っている人はほとんどおらず脇パウ天国。ごちそうさまです。迂回路の状況を見ながらスピードを調整して、落ち込みでのジャンプも気持ち良かったです。

写真がほとんどないのは天気が悪かったからで、スイマセン。

というわけで、コース脇や藪周りにあるフレッシュな「脇パウ&藪パウ」を楽しんで、終了。

下山するときも降雪は続き(午後からは天候回復の予報が出ていた)、また日曜日は朝から快晴、との情報もキャッチしたことで、日帰りの予定を急遽変更!
翌日も滑るためにひとまず苗場へ向かったのであります。

part2へ続きます、炊ける。

かぐらスキー場 http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

カレンダー

2018年12月
« Nov    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

アーカイブ

TWITTER

    過去ログ

    RSS

    BS.com Official twittar