2019年12月16日 堀島行真が今季W杯初優勝

先日の12月14日、中国河北省のThaiwoo ski resort で行われている、W杯スキーモーグル男子で堀島行真がカナダの絶対王者ミカエルキングズベリーをおさえ一位になった。

自身5度目となるW杯表彰台のトップで、今季初のタイトル獲得だ。


堀島は第一エアをダブルツイスト、第二エアをコーク1080と高難度のトリックを安定して決め86.89ptを獲得。2位のミカエル・キングズベリーは86.29ptと、僅差でおさえ、見事勝利した。

今季から競輪選手へと転向している原大智不在のなか、チームの先頭に立つ堀島が勝利したことはJAPANチームにとって精神的にも大きい。なお、12月7日に行われた今季初戦のフィンランドRUKA大会で2位になっていた川村あんりは5位。堀島含め、ほかの選手の活躍にも期待がかかる。

勝利した滑走シーンはこちら

コメントは受け付けていません。

カレンダー

2020年3月
« Feb    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

アーカイブ

TWITTER

    過去ログ

    RSS

    BS.com Official twittar