2011年7月5日 スキースロープスタイル、五輪種目に!!

シェア Check Clip to Evernote


7/4、かねてから噂に上がっていた、スキースロープスタイル(男女)、スノーボードスロープスタイル(男女)をソチ五輪の新種目として承認する、との発表がIOCからありました。

□Official website of the Olympic Movement http://www.olympic.org/media?articleid=133067

このニュースに対して、世界をはじめ国内でも様々な反応があるようです。
五輪種目化は、様々な面で起爆剤となるはずです。未来へ向けては夢のある話ですし、今を見ればシーンに欠けていることや伸ばせることを確認できます。

そこで、ここでは、12Bravoski vol.1(発売中)で掲載している五輪種目に対するコラムを紹介しましょう。書き手はタヤです。

スキーハーフパイプ、五輪種目に!!

'11年4月6日、国際オリンピック委員会(IOC)は'14年ソチ五輪の新種目として、スキーハーフパイプ男女を正式に承認した。

この決定は、パイプをはじめとするパーク系フリースキーはもちろん、スキー界全体にとっても明るいニュースだ。


2月に行われた世界選手権は、五輪種目化を決定するための最後の審査対象となった

もちろん本誌読者は、欧米でこのハーフパイプやスロープスタイルといったパーク系種目の盛り上がりがハンパじゃないのはご存じのとおりだろう。

世界で最も注目を集めるXゲームスでは、9年前からハーフパイプ種目が採用され、テレビ放映により世界154ヵ国、3億8200万世帯に配信されている。その時間帯は最も視聴率の稼げる土曜の夜。標高2500mの会場の気温はマイナス20度にも関わらず約2万人が観戦に訪れる。優勝賞金は上がり続け、現在は約300万円。Xゲームス以外も、冬の間は毎週のように世界中でビッグイベントが開催され、協賛するスポンサーは自動車、飲料、ゲーム機、携帯電話会社などナショナルクライアントが目白押し。また、選手はメーカーとの契約金だけで年間1億円を超える者も現れている。


世界選手権のスロープスタイル。パイプよりも競技人口が多いスロープスタイルも、今後五輪種目になる可能性大

日本での停滞ぶりを考えればウソみたいな話だが、欧米のフリースキーイベントは売り手市場なのだ。

IOCによるオリンピック種目承認の判断要素には、

  1. 今後のさらなる普及性
  2. 男女平等性
  3. 若者への魅力と参加の可能性
  4. スポーツ文化としての価値


などの他、五輪会場の設営コストや、全体の種目数との兼ね合いも考慮される。
とはいうものの、IOCは直接言及していないがビジネス面でも、

  1. スポンサーが魅力を感じる
  2. テレビ視聴率が取れる


という重要なポイントを備えているのだ。そう考えると、今回の決定は当然といえば当然で、むしろ遅かったともいえる。

欧米各国ではすでに数年前から選手強化のためにナショナルチームを編成したり、指導者がチーム単位でスポンサー契約したりと、着々と未来を見据えた動きを推進させてきた。今回の決定を受けて、それはさらに加速するだろう。


世界選手権のハーフパイプ表彰台。男女ともにXゲームスでも活躍するトップ選手が顔を揃えた

日本でもオリンピックとなると、やはり世間の見方も変わる。それがイコール、フリースキーの発展と普及に最善なのかといえば、多少の疑問も残らないではないが…。

いずれにせよ、この欧米の盛り上がりを日本のフリースキー業界でもビジネスチャンスとして活用していただきたい。そしてその先には、全国に良いパークが増え、楽しいイベントやキャンプ、大会、それに室内ゲレンデをはじめオフシーズンも遊べる施設が増えること。さらには、ギアの種類やブランド数が増すこと。それがアスリートにも還元されることで、世界で活躍する日本人選手が数多く登場し、その活躍が私たちに夢と感動を与えてくれるに違いない。

そして、Bravoskiが月刊誌としてコンビニで…。とまあ、そこまで夢見てしまうほど、ハーフパイプ五輪種目化は、シーンを盛り上げる起爆剤となる可能性を秘めていると思いたい。

2012 Bravoski vol.1 BS pick upより

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

カレンダー

2014年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

TWITTER

    過去ログ

    RSS

    Page Top

    BS.com Official twittar