Media

FREESKIING

'FREESKIING 2015/11/14

今号のテーマは、日本!
フリースキーの中でも、特にパークでのジャンプやジブ、バックカントリーでのジャンプなどにフォーカスを絞ったニュースクール系マガジン。
他では決して見ることができないクオリティの高い写真や、現場の声をリアルに反映させた誌面構成、今シーズン注目のライダーとその見どころなど、 このシーンを愛する読者を満足させる情報が盛りだくさん。 フリースキーヤーの魂にうったえる1冊が、今年も完成。

付録DVDには合計241分のボリュームが満載! 国内トップライダーたちが人気のパークを舞台としたセッション、Xゲームスの各種目トップ3への独占インタビューをはじめ、世界の現場の生のコメントを収録した秘蔵インタビューなど、ここでしか見られない超レア映像多数。
付録DVDには合計241分のボリュームが満載! 国内トップライダーたちが人気のパークを舞台としたセッション、Xゲームスの各種目トップ3への独占インタビューをはじめ、世界の現場の生のコメントを収録した秘蔵インタビューなど、ここでしか見られない超レア映像多数。

登場するスキーヤー(順不同・執筆含む)
浦田義哉、歌川創志、小野塚彩那、佐々木玄、藤田斎文、津田健太朗、樋口永悟、山本泰成、丸山洋平、高野大輔、桐山菜々穂、笠村雷、高橋拓未、宮田恭兵、石崎翔太、吉田竜弥、トム・ウォリッシュ、サミー・カールソン、ウィル・ウェッソン、タナー・レインビル、クリス・ベンチェトラー、JFフール、アーメット・ダダリ、クレイトン・ヴィラ、ジョン・ワレ、ティム・マッチェズニー、ヘンリック・ハーロウ、フィル・カサボン、マイク・ホーンベック、ニック・ゲッパー、他

発行・発売=株式会社 双葉社
定価1,340円(+税)

ご購入は、全国書店、又は、下記取扱いホームページよりお求め下さい。
本屋クラブ http://www.honyaclub.com/shop/g/g17418451/
フェイスブックページでも随時情報発信中!https://www.facebook.com/FREESKIING.jp

FREESKIING HEADLINE2016ダイジェスト

今季も気になるトピックスが目白押し!
その中でも特に注目のネタを、コンテスト編とそれ以外に分けてピックアップ!

PHOTO GALLERYDROP IN

FREESKIING編集部には、毎年70名を超える世界中のスキーカメラマンから自信作が届く。その枚数は4000枚以上。今季も滑り手、撮影者それぞれの思いやドラマの詰まった一枚一枚に敬意を表し、選び抜いた作品を紹介する

BULL×THE REAL浦田義哉というスキースタイル

今年、アルマダスキーのインターナショナルライダーとして、そのファミリーに加わった”ブル”こと浦田義哉。大会のリザルトではなく、ガチで現場での撮影セッションを通して世界のトップライダーやカメラマンを惚れ込ませたという男の歩む道とは。

U-21日本の次世代

ツインチップスキーが誕生してからもうすぐ20年。ソチ五輪を終え、日本のトップシーンも大きく様変わりを見せようとしている。 そんな、これからの世代が描く未来とは。

●ハーフパイプへ本格始動 歌川創志
●種目はスロープスタイル、マインドはフリースタイル 佐々木玄
●メキメキ上達中のスーパーポテンシャル 樋口永悟 山本泰成
●トリプルバックフリップ、ビタ着! 齋藤悠士
●世界ジュニア優勝!いよいよトップライダーへ駆け上がる 桐山菜々穂
●世界最年少記録!10歳でダブルコーク完成 笠村 雷

Brand Info '16厳選12ブランドの最新TOPICS

厳選12ブランドの最新トピックスを紹介

NEXT STAGE世界チャンピオンが見据える”次”小野塚彩那

FIS&AFPの年間総合優勝を遂げ、念願のXゲームスでも準優勝という輝かしい結果を残した’15シーズン。そして’16シーズンの開幕戦である8月のニュージーランドで開催されたワールドカップ第1戦で、まずは3位に入賞。’16シーズンを迎えるにあたってこの秋、等身大の彼女の声を聞いた。

FREESKI JPN 2015全国各地のフリースキーカルチャーを映像で発信

‘15シーズンより始動したFREESKIINGの付録DVD企画「フリースキージャパン」。これは、日本各地のフリースキー文化を映像として発信しよう、というテーマのプロジェクトだ。気候や風土が違う環境で、それぞれどんなカルチャーが育まれて、誰がどんな活動をしているのか。その撮影の裏側を、映像ディレクターの倉田大輔のコメントで紹介する。

PICK UP SKIERS FILEフリースキーシーンを牽引する者達

本誌DVDに収録している「PARK SESSION」出演ライダーを中心に、いま注目のスキーヤー37名をセレクト。映像では分からないキャラが見えてくる!

FOORUSHスキーをさらに自由に、楽しく、大衆的に

海外のフリースキーシーンとは文脈を異にする、ガラパゴス的な進化を続けている集団がいる。その名もFOORUSH。で、彼らの何がガラパゴスなのか? !

BEST PARK SELECTION 2016厳選された全国25ヶ所のパークを一挙公開!

・ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ
・スノーウェーブパーク白鳥高原
・神立高原
・丸沼高原
・ほたか牧場
・福井和泉
・びわ湖バレイ
・札幌国際
・中山峠
・星野リゾート裏磐梯猫魔
・奥只見丸山
・上越国際
・石打丸山
・スノーパーク尾瀬戸倉
・川場
・池の平温泉
・妙高杉ノ原
・X-JAM高井富士
・立山山麓
・HAKUBA VALLEY栂池高原
・Hakuba47ウインタースポーツパーク
・高鷲スノーパーク
・鷲ヶ岳
・スノーリゾート猫山
・Mountain & Snow Resort瑞穂ハイランド

’16 FREESKI PRO SHOP GUIDEプロショップスタッフが推薦するギア

どんな基準で何を提案しているのか。ギアを眺めればその店舗のカラーや方向性が見えてくる。ここではギアを切り口に各ショップの特色を浮き彫りに。

GRAPHIC DESIGN of SKIスキーのデザインは、どこでどう生まれるのか

今回は、スキーのグラフィックデザイナーの話。特に今、シーンで注目を集めるB&Eやタナー・ホールなど、トップライダーのシグネチャーを手がける若手デザイナーを直撃した。

FREESKI LESSON2シーズン目を迎える、神立フリースキースクール

五輪やW杯を経験をした選手たちがフリースキーのシーンを広げようと、グラスルーツにレッスンやキャンプを各地で盛んに行っている。なかでも、2シーズン目を迎える「神立高原フリースキースクール」は、津田健太朗と藤田サイモンの2人がてがけ、一般層向けのレッスンに力を注いでいる。ここでは、彼らのスクールを例にとり、国内レッスンの様子を探った。

FOR FREESKIER’S INFO..コアなフリースキーファンに送る、さらにコアなネタをご紹介

新着ニュースや、大会、スクール情報など、今季を200%楽しむ内容をお届け。

PRESENTリフトチケットプレゼント

本誌が厳選した全国の18スキー場、合計230枚をプレゼント! 応募のキーワードをみつけて応募しよう!

付録DVD合計241分!

オリジナルコンテンツ満載!

付録DVDには合計241分のボリュームが満載! 国内トップライダーたちが人気のパークを舞台としたセッション、Xゲームスの各種目トップ3への独占インタビューをはじめ、世界の現場の生のコメントを収録した秘蔵インタビューなど、ここでしか見られない超レア映像多数。

PARK SESSION

30名以上のスキーヤーが全国16ヶ所のスキー場で行ったパークセッションを約30分にわたり一挙公開!

全国16ヶ所のスキー場を舞台に繰り広げられたパークでのセッションの様子を収録。本誌p62-65でも紹介している各地のローカルスキーヤー合計50名以上が出演。各地のパークシーンと今注目のスキーヤーが分かる本誌の完全オリジナルのイチ押しムービーだ。(全29分)

●HAKUBA47
●かぐら
●スノーパーク尾瀬戸倉
●びわ湖バレイ
●X-JAM高井富士
●池の平温泉
●立山山麓
●スノーリゾート猫山
●石打丸山
●福井和泉
●鷲ヶ岳
●妙高杉ノ原
●ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ
●ルスツリゾート&中山峠
●奥只見丸山

<出演スキーヤー>
石崎 翔太・美馬 慎之介・佐々木 玄・佐々木 徳教・歌川 創志・樋口 永悟・根岸 遼・藤田 サイモン・津田 健太朗・安宅 祐一・保坂 奈緒・石田 拓也・宮田 恭兵・高橋 拓未・高野 大輔・村山 将大・村山 湧貴・星野 洸我・板場 美奈・村井 諄弘・内田 龍輝・山本 泰成・笠村 雷・藤井 源・兼高“ポークビッツ”典生・堀田 敏生・峯村 悠太・早福 庸佑・後藤 良介・草刈 皓介・芦田 章吾・桐山 菜々穂・桐山 雄里・松原 雄大・堀江 早世・長田 慎士・烏谷 吉春

FREESKI JPN

日本のフリースキーシーンの地域色に着目各エリアの“文化”と“人物”に迫る

日本各地のフリースキー文化にポイントを置き、そのエリアのカルチャーや人物にクローズアップ。地域によって環境が異なれば、集まるライダーもその滑りも変わる。本誌p60-61にて映像ディレクターによる撮影秘話を紹介しているので、こちらも映像と合わせてどうぞ(全約41分)

<紹介エリア>
●越後湯沢
●上信越
●愛媛
●広島
●白馬

RIDER SELECTION

本誌が選んだ今注目の若手ライダー5名に独自取材!

●佐々木玄
北海道が生んだスロープスタイラー。フリースキーのルーツと春のセッション(約2分)

●高野大輔
全治2年のケガから復活した’15シーズン。その心境を語る(約2分)

●桐山菜々穂
‘15季ジュニア世界選手権のスロープスタイルで優勝した19歳の意気込み(約2分)

●樋口永悟
15歳にして抜群の安定したトリックを放つ樋口永悟が見据える先とは(約2分)

●歌川創志
パイプでの初のダブルコークを決めた’15夏のNZ遠征を振り返る(約3分)

HOKKAIDO TRIP

高橋佳汰がナレーション役で、山本泰成、鈴木冬偉、米谷優の4人で巡った北海道パークツアーの様子を振り返る。ニセコの羊蹄山をバックにしたジャンプなど、北海道ならではの映像が満載だ。また、旅のラスト2日間では自らキッカーを作り大自然のなかを飛ぶなど春山の楽しさに魅了される内容だ(約7分)

HOW TO MOVIE

本誌オリジナルのハウツームービー。パーク初級者向けだが、その内容は上級者でも必見のコツがつまっている。

<グラトリ編>
藤田サイモンが安全にグラトリをマスターする練習法を伝授。パークに入る前のフラットバーンで楽しめるオシャレな動きを基礎から徹底解説 (全約43分)

●真ん中のポジションを確認
●オーリー、ノーリー
●サイドスライド
●ドライブ
●スピン

<スイッチ編>
ソチ五輪日本代表の津田健太朗がスイッチ滑走の方法を分かりやすく解説。段階的に教えてくれるので、ビギナーにも優しい内容だ(全約15分)

●スイッチの基本
●斜滑降でスイッチの基本をマスター
●片側から見続けて滑るスイッチ

X-Games INTERVIEW

‘15季のX-gamesメダリストを本誌が独自取材!他では決して見られない内容

<X-Games Men's Slope style>
●1位Nick Goepper
アンチナチュラルトリプルコーク1440で優勝したニック・ゲッパー(約1分)

●2位Joss Christensen
ソチ五輪金メダリストジョス・クリステンセンがトリプルを語る(約1分)

●3位Alex Bellemare
前十字靱帯切断から復帰したアレックス・ベルマーが入賞の心境をコメント(約2分)

<X-Games Men's Big Air>
●TOP3 Interview
男子スロープスタイル上位3名のインタビュー(約4分)

●1位Vincent Gagnier
初の優勝となったヴィンセント・ギャニエのオフシーズンの過ごし方とは(約2分)

●2位Bobby Brown
ボビー・ブラウンが語る上達秘話と人気者になる条件(約1分)

●3位Elias Ambuhl
トリプルコーク1620を決めて、入賞に喜ぶエリアス・アンブル(約1分)

<X-Games Women's Slope>
1位Emma Dahlstrom
●2度目の出場にして優勝を果たしたエマ・オーストロムと、3位のダラ・ハウエル(約2分)

<X-Games Women's Super pipe>
●1位Maddie Bowman
今年で3連覇となったマディー・バウマンが小野塚彩那についてコメント(約1分)

●2位Ayana Onozuka
日本人初の入賞という快挙を果たした小野塚彩那の大会直後の声(約3分)

<Coach>
●Mike Hanley
ニック・ゲッパーらのコーチをするマイク・ハンレーが彼流の練習方法を伝授(約5分)

BRAND INFO

ドイツで行われたニューギアの展示会にて今季の話題の新作やブランドコンセプトを突撃取材!

●LINE
製作者が語るブランドコンセプトとトム・ウォリッシュとの契約秘話(約4分)

●K2
K2の話題の新作「ピナクルフリーライドモデル」などを公開(約8分)

●4FRNT
代表マット・スターベンツが語るシグネチャーモデルへのこだわり(約2分)

●ARMADA
アルマダのブランドコンセプトとライダーの条件 (約1分)

●FULL TILT
完璧な柔軟性を追求するFTブーツ最大の魅力を語る(約2分)

●SAGA
デザイン、マーケティングも手掛ける代表自ら新作を一挙紹介(約3分)

●SHRED
トップライダーを支えるアイテム製品作りについて(約1分)

●MAMMUT
クライミング機能も備えた新作スキーウエアを解説(約1分)

PICK UP JAPAN

パークイベントや、ムービーコンテンツなど本誌が厳選した11映像

●T-crew
特徴的な3D構造のパークを滑る「T-CREW SESSION」やフィルムクルーとしての活動などの裏話をピックアップ(約7分)

●New Zealand Trip
本誌p36にも登場する歌川創志と佐々木玄がニュージーランドのパークを攻めまくる!(約5分)

●証言-YUSHI SAITO
トリプルバックフリップを決めた斎藤悠士(本誌p48)のセルフムービー(約8分)

●Foorush
輪ゴムでバンジーや立山40mクリフジャンプなど、数々の衝撃映像をお届けしてきた「FOORUSH」の新作トレイラー(約3分)

●PLK「HOW TO ”BINDSOUL”」
妙高エリアを拠点に活動するPLK(ペアルッカ—ズ)の2人が得意の低速系トリックのコツを伝授!(約8分)

●JAPAN JR. FREESKI OPEN
‘15季より長野スキー連盟公認大会となった「JAPAN JR. FREESKI OPEN」の様子をお届け。大会内容は本誌p95にも掲載(約4分)

●JIB FES
アットホームな雰囲気で開催される、3人1チームで行われるジバーのためのコンテスト(約2分)

●FREESKICOMP 2015
‘15季で7回目の開催となった、奥美濃エリアでは唯一のスロープスタイルコンペ。「リミテッド540°」はこの大会の特徴の1つ(約2分)

●Vail CAMP
東京・神田にあるスキーショップ「ベイル」が主催するフリースキーキャンプ。レベルに合わせたレッスン内容がウリ(約3分)

●CHEEEQ
女子にとってのフリースキーの発展を目指す「チーク」。荻野真由と須郷遙が開催する女性限定のフリースキー女子会(約5分)

●FREESKI JPN POV
映像ディレクター倉田大輔による全国各地で撮影した自撮り映像特集!(約2分)

BS.com Official twittar